주요 기사 바로가기

北朝鮮「終戦宣言するときではない…米の敵対政策撤回が最優先」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.24 07:46
0
北朝鮮が最近、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会で提案した終戦宣言の推進に対して「時期尚早」と評価した。

北朝鮮外務省のイ・テソン副相は24日、朝鮮中央通信を通じて出した談話で「諸般の事実はまだ終戦を宣言する時ではないということを立証している」とし「われわれを取り巻く政治的環境が変わらず、米国の敵対視政策が変わらない限り、終戦を数百回宣言しても何一つ変わらない」と強調した。

イ副相は「終戦宣言が現時点で朝鮮半島情勢の安定に全く役に立たず、米国の敵対視政策を隠すための煙幕として間違って利用されかねない」と主張した。

あわせて「米国の二重基準と敵対視政策の撤回は朝鮮半島情勢の安定と平和保障において最優先的な順位」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP