주요 기사 바로가기

【社説】韓半島の終戦宣言よりも北核抑止力から備えるべき=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 10:40
0
北朝鮮が核武装に全速力で進んでいるという国際社会の警告にも韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国連で韓半島(朝鮮半島)終戦宣言を提案した。文大統領は秋夕(チュソク、中秋)連休だった21日、第76回国連総会の一般討論演説で「南・北・米3カ国、または南・北・米・中4カ国が集まって韓半島で戦争が終了したことを共に宣言することを提案する」と明らかにした。文大統領は「韓国戦争(朝鮮戦争)の当事国が集まって『終戦宣言』を成し遂げるとき、非核化の不可逆的な進展と共に完全な平和が始まると信じている」と述べた。しかしその前日である20日、国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシー事務局長は「北朝鮮でプルトニウム分離とウラン濃縮などに対する作業が全速力で進んでいる」とし「北朝鮮が核プログラム(核武装)に全力を傾けている」と警告した。

文大統領の今回の終戦宣言要求は誰が見ても唐突だ。これが国連舞台における文大統領の事実上最後の演説である点を理解したとしても、今の北朝鮮の現実とは全く一致しないためだ。文大統領が2017年5月就任以降、4年間余りにわたって南北関係の改善と北朝鮮の非核化に注いだ努力は認めるに値する。だが、北朝鮮は最後まで非核化に応じなかった。北朝鮮からの答えはさまざまな種類の弾道ミサイルと超大型ロケット砲、巡航ミサイル発射として返ってきた。さらに昨年6月には開城(ケソン)工業団地にある南北連絡事務所を爆破するという極端な措置まで取った。北朝鮮は今に至って核武装を加速するための最後の努力に集中している。しかも北朝鮮は自ら核武装国であることを宣言した。韓半島赤化統一目標もそのままだ。このような北朝鮮に対して、文大統領は非核化もなく平和や終戦宣言を語るのであればそれは誤算だ。

北朝鮮の最近の核活動は深刻だ。IAEAをはじめ、北核を監視する専門団体によると、北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)核団地内にウラン濃縮施設を拡張している。拡張工事が完了すれば濃縮ウランを25%さらに生産することができるという(米国ミドルベリー大学不拡散研究所)。グロッシー事務局長は今月13日、北朝鮮が寧辺原子炉と再処理施設、ウラン濃縮工場などを再稼働する兆候が確認されたとし、「国連安全保障理事会の決議案に明らかに違反するもので、非常に懸念される」と話した。それでも青瓦台(チョンワデ、大統領府)は北核状況に背を向けている。青瓦台はグロッシー事務局長の警告に対して「別途の意見はない」とコメントした。

今、韓半島の核時計は危機局面に向かっている。北朝鮮は最大100発と推定される核兵器をさらに拡充しようとする雰囲気だ。文大統領は北朝鮮の非核化が前提ではない終戦宣言にこれ以上こだわるべきではない。彼が任期中に完了できる事案ではない。韓半島終戦宣言は北朝鮮の非核化、または韓国が北核と戦争を抑止する能力を備えた時にこそ可能だ。文大統領が真に平和を望むなら、韓米同盟を基盤に北核脅威にまず備えなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP