주요 기사 바로가기

ヤンセン製ワクチンでブレイクスルー感染、モデルナ製の7倍…この2週間で10人に1人の割合=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 10:22
0
新型コロナウイルスワクチン接種勧告回数を満たしても感染する「ブレイクスルー感染」の推定事例が韓国で増加している。特に新型コロナウイルス第4波が20~30代を中心に拡散する中で、該当年齢帯の予備軍・民防衛の男性が接種したヤンセン製ワクチンのブレイクスルー感染率が他のワクチンより高いことが明らかになり緊張が高まっている。

中央防疫対策本部が22日に明らかにしたところによると、12日基準でワクチン接種完了者のうちブレイクスルー感染と推定される事例は5880人と集計された。6日の集計値の4731人と比較すると、6日で1149人増えた。

これは全接種完了者1461万1702人の0.04%に当たる数値で、10万人当たり40.2人の割合でブレイクスルー感染が発生した格好だ。年齢帯別では30代が接種完了者10万人当たり110.1人の割合(0.110%)で、全年齢層でブレイクスルー感染発生率が最も高かった。

◇2週間で10人に1人の割合でブレイクスルー感染

特に8月29日から9月11日までの2週間に発生した満18歳以上の成人の新規感染者2万895人だけで見ると、ブレイクスルー感染の割合は10.2%の2140人に達した。10人中1人の割合でブレイクスルー感染が現れたという意味だ。29.4%の6133人は1回目の接種だけ完了しているか、2回目の接種から14日が経過していない不完全接種者で、60.4%の1万2622人が未接種者だった。

ワクチンの種類別で見ると、ヤンセン製ワクチン接種者のブレイクスルー感染発生率が10万人当たり161.2人の割合(0.161%)で最も高く、ブレイクスルー感染発生率が最も低いモデルナ製の10万人当たり24.2人の割合(0.024%)と比べ6.7倍に達する。韓国でヤンセン製ワクチンは151万4000回分が接種されたが、主に20~30代の予備軍・民防衛隊員が打った。

ファイザー製は10万人当たり33.5人の割合(0.034%)、アストラゼネカ製は10万人当たり27.6人の割合(0.028%)となった。アストラゼネカ製ワクチンで1回目を接種し、ファイザー製ワクチンで2回目の接種をした混合接種者のブレイクスルー感染発生率は0.024%で、2回とも同じワクチンを接種した場合より低かった。

一方、ブレイクスルー感染推定事例のうち変異株の分析を終えた1619人のうち86.2%の1396人は主要変異株に感染したことが確認された。

最近第4波を主導するインド由来のデルタ株の感染推定事例が1363人で最も多く、英国由来のアルファ株が30人、ブラジル由来のガンマ株が2人、南アフリカ由来のベータ株が1人の順で続いた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ヤンセン製ワクチンでブレイクスルー感染、モデルナ製の7倍…この2週間で10人に1人の割合=韓国

    2021.09.23 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    ヤンセン製ワクチン
    TOP