주요 기사 바로가기

「BTS、本当に正しい選択」WHO事務局長、なぜ特別に言及して感謝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 09:07
0
ボーイズグループ防弾少年団(BTS)が国連総会で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチン接種を奨励したことについて、世界保健機関(WHO)事務局長が特別に感謝を伝えた。

21日(現地時間)、テドロス・アダノム・ゲブレイェススWHO事務局長は、自身のツイッターに「ナムジュン(RM)、ジン、ユンギ(SUGA)、ホビ(J-HOPE)、ジミン、テ(V)&ジョングク」とBTSメンバー7人の名前を一人ずつ挙げ、「あなたの順番が来た時にワクチンを接種することは、本当に正しい選択」と述べた。

続けて「他の人がワクチンを打つように奨励するために皆さんの声を上げ、このパンデミックを終わらせるのを助けるために皆さんの役割を果たしてくれたことについて感謝する」とコメントした。

テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、自身のツイッターにBTS関連の投稿を残してきた。昨年、秋夕(チュソク、中秋節)連休前にBTSが新型コロナ拡散防止のためにマスクの着用を呼び掛けると、感謝の意を表した。

前日、BTSは米国の国連本部で開かれた持続可能な開発目標ハイレベル会合(SDGモーメント)に「未来の世代と文化のための大統領特別使節」として参加し、「私たち7人は全員ワクチンを打った」とし「ワクチン接種は、私たちを待っているファンに会うために、そしてこの場に来るために取らなければならないチケットのようなもの。私たちは、私たちに今できることをしている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「BTS、本当に正しい選択」WHO事務局長、なぜ特別に言及して感謝

    2021.09.23 09:07
    뉴스 메뉴 보기
    BTSのRMが20日(現地時間)、ニューヨーク国連本部で開かれた第76回国連総会SDGモーメント(持続可能な開発目標ハイレベル会合)開会セッションで発言している。[韓国大統領府のフェイスブック キャプチャー]
    TOP