주요 기사 바로가기

OECD、韓国の今年の経済成長率4%に上方修正…日本は2.6%→2.5%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.22 09:10
0
経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率予測値を4%台に上方修正した。世界的なインフレーション状況を反映し、韓国の今年の消費者物価上昇率予測値も2.2%に引き上げた。

OECDは21日の中間経済見通しで、韓国が今年4.0%成長すると予想した。5月の経済見通しで提示した3.8%より0.2ポイント高い。新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」拡大を考慮し、米国や日本など主要先進国と世界の成長率予測値を引き下げた中でも韓国は引き上げた。

韓国の企画財政部は「OECDが韓国経済の速くて強い回復傾向、1-3月期と4-6月期の成長率暫定値が速報値より0.1ポイントずつ上がるなど、予想を上回る成果を見せた点を考慮し、成長率予測値を引き上げたのだろう」と分析した。

これで国内外主要機関の予測値はほとんどが4%台となった。OECDの予測値は国際通貨基金(IMF、4.3%)、政府(4.2%)より低いが、韓国銀行(4.0%)、アジア開発銀行(ADB、4.0%)と同じ。

OECDは来年の韓国の成長率予測値も2.9%と、従来の2.8%から0.1ポイント引き上げた。OECDが今年と来年の成長率予測値を共に引き上げた国は、主要20カ国・地域(G20)のうち韓国、アルゼンチン、メキシコ、スペインの4カ国だけ。

2020-21年の平均成長率は韓国が1.6%と、G20のうち3位だった。中国(5.4%)が1位、トルコ(5.1%)が2位。G20先進国の中では韓国が1位だ。OECDは今後の防疫措置緩和などで韓国経済の成長は持続的に拡大するという見方を示した。

OECDは今年の世界経済の成長率予測値を5.7%と提示した。5月より0.1ポイント引き下げた数値だ。G20(6.3%→6.1%)、米国(6.9%→6.0%)、日本(2.6%→2.5%)の今年の成長率予測値は下方修正した。一方、ユーロ圏(4.3%→5.3%)、フランス(5.8%→6.3%)、イタリア(4.5%→5.9%)は上方修正し、中国は8.5%を維持した。来年の世界経済成長率は0.1ポイント引き上げて4.5%と予想した。

OECDはG20修正物価見通しも発表した。今年の韓国の消費者物価上昇率予測値は従来より0.4ポイント上方修正して2.2%とした。来年の予測値も0.4ポイント高い1.8%と予想した。

OECDは世界的なインフレーション状況を反映し、日本や中国など一部のアジア国家を除いてほとんどの国の物価予測値を上方修正した。G20物価上昇率予測値は今年3.7%、来年3.9%と、従来の予測値より0.2ポイント、0.5ポイント引き上げた。

OECDは通常、物価上昇率予測値を5月と11月に出すが、最近のインフレ懸念を考慮して今回は異例にも修正予測値を出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP