주요 기사 바로가기

【コラム】「非対面秋夕」の断想=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.20 15:58
0
家族が集まらない、正確に言うと集まるなという「非対面秋夕(チュソク、中秋)」は、今まで私たちの想像の範疇になかったことだ。ところがこうした非対面の名節(秋夕・旧正月)はすでに3回目となった。「不孝者は帰省する」「今年でなく長く見よう」「散れば生きて集まれば死ぬ」。昨年の名節に出てきた警句がまだ強烈に残っているのは、ユニークだからではなく、それを見て当惑した記憶のためであろう。実際、昨年までこうした雰囲気が何か引っかかる感じがあったのは事実だ。「いくら集まるなとはいっても…集まらなくてよいのだろうか」という考えのためだ。新型コロナが変えた多くの場面のうち最も記念碑的な事案を選ぶなら、名節の風俗を変えたことではないだろうか。

ところが今年は感覚が変わっている。経験が繰り返されれば習慣になるように、非対面の秋夕が自然で気楽に感じられるということだ。私だけではない。すでに多くの人々が非対面の秋夕に適応しているとみられる。金融界が秋夕前の1週間のお金の流れをコロナ以前と比較分析すると、現金の引き出しは大幅に減少し、振り込みが増えたことが数値で確認される。人ではなくお金が動く。実際、贈り物は宅配で、あいさつは文字でする。自治体が率先して墓の草刈り代行サービスやオンライン墓参りを推薦するため、草刈りサービスを終えた墓を映像で見て墓参りの代わりにしても良心の呵責に苦しまない。準備品を注文してオンラインで祭祀をしても拒否感がない。

風俗とはこのようにきっかけがあればあっという間に平和に変わることもある。もちろん嘆きや憂慮する声も多い。このままでは家族が解体し、家族愛が薄れるという心配だ。しかし実際に非対面名節で家族が解体するというのは杞憂ではないだろうか。むしろ家族の問題に関してはプラスのシグナルが表れている。ひとまず「離婚シーズン」に挙げられてきた秋夕直後の離婚件数が昨年初めて減ったのが統計庁の資料で確認される。2018年には9月の離婚件数が7826件だったが、10月には1万548件に増えた。2019年も9月(9010件)より秋夕の翌月の10月(9859件)に大きく増えた。昨年は傾向が変わった。10月初めが秋夕だった昨年9月(9536件)から10月(9347件)、11月(8876件)まで減少している。

家族が集れば家族の愛が自ずと芽生えるわけではない。秋夕連休中に最も忙しい政府機関は警察と女性家族部だ。今年も警察庁は秋夕連休が終わる22日まで秋夕治安勤務体制に入った。そのポイントは家族間の暴力事態に対応することだ。実際、名節連休には家族間の暴力や喧嘩、さらには殺人や放火につながる事例も少なからず発生している。女性家族部は連休期間中、女性緊急電話、家族相談電話、青少年相談電話を24時間フル稼働する。家族の集まりでは愛情の共感だけでなく葛藤や暴力までが入ることもある。さらに主婦の「名節症候群」もある。名節を迎えれば主婦は心身の苦痛を訴え、苦痛が深刻になれば離婚や家族の解体に進む悪循環が生じるのも事実だ。

「名節が楽しい理由はその名節が過ぎ去ったということだけ」という言葉にうなずくのは、実際に名節が楽しい日ばかりでなかったという記憶が多いからだろう。「祖先を供養して家族間の友愛を築く」という美しい名分の裏で女性は労働を強いられ、久しぶりに会った家族間の葛藤が増幅する名節の逆機能も確実に存在する。風俗を話すときは歴史と伝統に言及されるが、実際、風俗は時代によって変化しながら現在に至った。

最近、ある知人から過去の秋夕の風俗について聞いたことがある。初めて聞く話だったが、朝鮮時代の秋夕は女性の祭りのような期間だったという。農繁期が終わり、秋夕の前後に夫の母と娘、同郷から嫁いだ女性、姻戚の女性それぞれの中間地点の景色が良いところに集まり、持ってきた食べ物を分け合って食べ、遠足や遊戯を楽しむ風俗があったということだ。女性の祭りだった秋夕はむしろ現代になって女性の労働週間に変わった。

実際、風俗は恒久的なものではない。時代によって変わらなければいけない。新型コロナはこうした風俗を新しい次元に変えるターニングポイントになるようだ。非対面の名節は今のような非常時だけで終わりそうでないからだ。アフターコロナは変わりそうだ。祭事と労働からの解放はさらに強く要求されるかもしれない。変化を「良い」「悪い」と評価する必要もない。いま私たちがやるべきことは、心を開いて流れるものは流れるように、変わるものは変わるものとして受け止め、新しく始まる名節をさらに楽しく幸せにすることではないだろうか。家族全員が集まらなければいけないという強迫から抜け出した名節。緩い連帯を通じて家族の個人生活を尊重する方式、家族間の新しい意思疎通方式をつくること…。新しい名節風俗は誰かの献身に頼らず、全員が楽しいものになることを望む。楽しく幸せな家族は解体しないため…。楽しい秋夕を過ごしてほしい。

ヤン・ソンヒ/論説委員/中央コンテンツラボ

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】「非対面秋夕」の断想=韓国

    2021.09.20 15:58
    뉴스 메뉴 보기
    サンデーコラム9/18
    TOP