주요 기사 바로가기

中国、韓国女優の韓服に「明のもの」こじつけ…韓国ネットユーザー「何が盗作なのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.20 08:48
0
韓国SBS(ソウル放送)の時代劇『紅天機(ホン・チョンギ)』に登場する韓服などをめぐり、中国のネットユーザーが根拠のない主張をしている。劇中の主人公の韓服や小道具、グラフィック効果(CG)などが中国文化を盗作したという無理な主張だ。

中国のネットユーザーは、主人公のキム・ユジョンが着た韓服が明の時代の衣服を盗作したものとした。主人公の衣装と小道具は、すべて中国ドラマ『琉璃』をそのまま模倣しているとも主張した。

続く中国の無理な主張に「東北工程の一環ではないか」という韓国内のネットユーザーの反中感情も高まっている。東北工程とは、中国の国境内で展開されたすべての歴史を中国の歴史にするために、2002年から中国が推進した東北部満州地域の歴史研究プロジェクトだ。韓国のネットユーザーは「一体何が盗作なのか」、「少しも同じに見えない」、「納得できない」などの反応を見せている。

これに対し、放送・ゲームなどの国内コンテンツ業界では「中国風注意報」の雰囲気が漂っている。コンテンツの内容・完成度の如何にかかわらず、不必要な論争が続きかねないという点からだ。

誠信(ソンシン)女子大教養学部の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は、中国の人々の行動について、「韓国の伝統文化や大衆文化が世界の人々に注目されたことから危機感を感じ、ここで露呈した誤った愛国主義」と語った。また、「OTTサービスで、世界中の視聴者が韓国のドラマや映画を見るようになり、かつては西洋人がアジア文化の中心地を中国と認識したとすれば、今は韓国と認識している」とし「そのため、中国ドラマでも韓国の韓服を侍女に着させるなどし、貶めている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、韓国女優の韓服に「明のもの」こじつけ…韓国ネットユーザー「何が盗作なのか」

    2021.09.20 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    韓服を来て景福宮(キョンボックン)を散策する人々。キム・ギョンロク記者(※写真は資料で本文とは直接関係ありません)
    TOP