주요 기사 바로가기

「激痩せした金正恩は影武者?」日本・東京新聞が示した根拠

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.20 08:11
0
9日、北朝鮮政権樹立記念日(9・9節)行事に姿を現した金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、本人ではなく影武者の可能性があるという疑惑を東京新聞が提起した。

東京新聞は、急激に痩せた様子の金委員長に注目した19日付の記事で、金委員長がスリムに変身したとし、ダイエットをしたのか、「影武者」を立てたのかをめぐり憶測が飛び交っていると報じた。

影武者疑惑の根拠として、東京新聞は昨年11月に開かれた朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議で、金委員長が体重140キログラムだったときに撮影された写真と、9日の行事の写真の金総書記の姿に言及した。

同紙は、以前、金委員長の頬に肉がついて大きくなった顔で首がほとんど見えなかったとし、韓国国家情報院は金委員長の体重が140キログラム台という分析内容を発表し、写真から判断してもその程度の体重に見えたと分析した。

同紙は金委員長が最高指導者となって間もなかった2012年8月には約90キログラムとされた体重が8年間で急速に増えたとし、情報当局関係者は仕事のストレスで暴飲・暴食をしたことが原因だと推測したと伝えた。

続けて、まだ30代と言われている金委員長の健康悪化説も何度も提起されたが、一例として、2014年に「足根管症候群」による腫瘍で歩くのが困難になり、杖をついているという話が出回ったと紹介した。

しかし、9日の政権樹立記念日パレードに参加した金委員長は、頬の肉が落ち、肌つやも若さを取り戻した様子で、スーツにネクタイ姿で健康を取り戻した様子だったと分析した。

東京新聞は、今年1月と6月に報道された金委員長の写真を見ると、昨年から今年にかけて少しずつ痩せていることがわかるとし、韓国国家情報院が7月8日、10~12キログラム減量したという分析結果を公開したと伝えた。

また、あまりにも急激に変わった外観のために影武者説も出ているとした。記事では、最近閲兵式に登場した金委員長の横顔や髪型が以前の金委員長と異なるうえ、あまりに若く見えるという点を挙げ、10人以上の警護部隊所属の影武者の1人という高ヨンチョル拓殖大学主任研究員の主張を伝えた。高研究員は、韓国国防部北朝鮮分析官として勤めていた。

高研究員は金委員長が党と軍部の水面下の権力闘争の中で監禁状態になっているという未確認情報に言及し、9日の閲兵式で金委員長が演説しなかったことが影武者説を裏付ける証拠と主張した。

しかし、北朝鮮政治学者の南山大学の平岩俊司教授は、「(金委員長)本人のような感じはする」とし「2012年ごろの姿に戻った印象」と影武者説に反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「激痩せした金正恩は影武者?」日本・東京新聞が示した根拠

    2021.09.20 08:11
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
    TOP