주요 기사 바로가기

崔泰源会長が育てた「130兆ウォンの黄金の卵」SKバッテリー、23年で独立

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.17 16:09
0
SKグループが来月1日、電気自動車用バッテリー事業を担当する会社を設立する。SKイノベーションは16日、臨時株主総会を開き、会社をSKバッテリー(仮称)とSK E&P(仮称)に分割する案件を議決した。親会社SKイノベーションが子会社の新設法人の株式100%を保有する物的分割方式だ。分割対象事業部門の資産と負債は新設法人に移す。

2番目の株主の国民年金は会社の分割に反対意見を出したが、株主総会出席株主の80%以上(持ち株比率基準)が賛成した。SKイノベーションでバッテリー事業を総括する池東燮(チ・ドンソプ)社長が新設法人SKバッテリーの代表を務めることが有力視されているという。SK E&Pは石油開発・生産・探査事業と二酸化炭素回収貯留(CCS)事業を遂行する。

SKバッテリーは企業公開(IPO)を通じて株式市場に上場する案も検討している。上場の時期は流動的だ。キム・ジュンSKイノベーション総括社長は「(来年下半期の上場は)難しい」とし「バッテリー事業で見せるものは多いが、これを証明するのに時間が必要」と述べた。続いて「適切な価値が認められる時点にIPOをするのが望ましい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP