주요 기사 바로가기

韓国検察「日本から盗んだ金銅仏像、真偽についてはこれ以上争わない」

ⓒ 中央日報日本語版2021.09.16 11:12
0
韓国窃盗犯が対馬の観音寺から盗んで自国に持ち込んだ高麗金銅観世音菩薩坐像に対して、韓国検察が真偽についてはこれ以上争わないと明らかにした。

大田(テジョン)高裁民事第1部が15日、忠清南道瑞山市(チュンチョンナムド・ソサンシ)の浮石寺(プソクサ)が韓国政府を相手取って起こした有体動産引渡控訴審を開く中で、検察が「金銅仏像と結縁文(仏像が製作された目的を書き付けて像の中に保管した文書)の真偽に対してこれ以上争わない」と明らかにした。1330年浮石寺でこの仏像を製作したという文化財庁の鑑定結果を受け入れることにした。

検察は今年7月の裁判で、韓国の窃盗犯が2012年この仏像を盗んで釜山(プサン)港を通関させる時に「贋作」という所見を出した鑑定委員を証人として申請し、偽物であると主張した。しかし浮石寺側は金銅観音菩薩坐像は本物だと主張した。

韓国文化財窃盗団は2012年10月に日本に渡り、観音寺からこの金銅仏像を盗んできた。仏像は高さ50.5センチ、重さ38.6キロで1330年浮石寺が製作したが、その後略奪によって日本に渡っていったと推定される。

一方、次の裁判は11月24日に開かれる。1審で裁判部は「仏像に高麗国瑞州(瑞山)という記録はあるが移転された記録がない」として浮石寺の所有権を認めた。しかし観音寺側は返還を要求していて、控訴審が進行中なので仏像は現在、大田国立文化財研究所に保管されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察「日本から盗んだ金銅仏像、真偽についてはこれ以上争わない」

    2021.09.16 11:12
    뉴스 메뉴 보기
    韓国窃盗団が日本から盗んだ金銅観音菩薩坐像。所有権を巡って韓日間で摩擦が起き、最終裁判結果に関心が集まっている。〔写真 韓国文化財庁〕
    TOP