주요 기사 바로가기

防衛省、続報で「北ミサイル、日本のEEZ内に落下」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.16 07:22
0
防衛省は15日の速報とは違い、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本国内の排他的経済水域(EEZ)内に落下したという分析を続報で発表した。

この日、NHKによると、防衛省はこの分析で「(ミサイルは)100キロ未満の低い高度を、変則的な軌道でおよそ750キロ飛翔し、排他的経済水域の内側の日本海に落下した」と明らかにした。

当初、日本政府は発射直後の情報に基づいて該当ミサイルがEEZの外側に落下したと推定されると明らかにした。北朝鮮の弾道ミサイルが日本EEZ内に落下したと推定されるのは2019年10月2日以来だとNHKは伝えた。

当時防衛省の分析によると、元山(ウォンサン)から発射された弾道ミサイルは450キロ余りを飛行して島根県島後沖のEEZに落下した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP