주요 기사 바로가기

韓国前監査院長、選挙キャンプ解体…「大統領選放棄でなく成功のための決断」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.15 09:36
0
韓国最大野党・国民の力の大統領候補の一人、崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長が14日夜、「今日から私は崔在亨キャンプを解体する」と宣言した。崔前院長はこの日、フェイスブックで「大統領選レースを放棄するのではなく、大統領選レースの成功のために新しい方法で、新しい道を進もうと思う」とし、このようにコメントした。

崔前院長は「政界に入って電撃(国民の力)入党、出馬宣言をしながら、政治という新しい環境の中で過酷な申告式を経験した」とし「その過程で私に対する国民の期待はしだいに冷めていき、今日のような状況に直面した」と自身の現状況を説明した。続いて「すべての原因は候補の私自身にあり、他の人をせいにすることではない」とし「新しい政治を期待した多くの方に失望を与えた私は、新しい政治を熱望する国民にとって背信者だった」と自己批判もした。

しかしキャンプ解体が候補辞退を意味するのではないという点を明確にした。崔前院長は「今までしたことがない方法で政治の道を進もうと思う」とし「一人で立つ。国民の声を聴くために国民の中に入る」と伝えた。

キャンプ解体後、一種の開放型「ミニキャンプ」を構成するという考えも明らかにした。崔前院長は「国民にキャンプの扉を開く。意志を共にするキャンプ実務陣も歓迎」とし「国民と支持者だけを見て初心に返る。早期に新しい姿に戻る」と明らかにした。

崔前院長の突然のキャンプ解体コメントに国民の力の内部は騒々しくなった。2つの解釈が出てきた。ある野党圏関係者は「崔前院長が支持率停滞状態に陥り、キャンプ内部でも危機意識が広がった。事実上、候補を辞退するという意味として聞こえる」と話した。崔前院長は6月に監査院長職から辞退した当時、野党圏のダークホースに浮上した。その崔前院長が各種世論調査で1けた支持率を抜け出せず、限界を感じて大統領選挑戦を終えるのではという解釈が出ている。

一方、一部のキャンプ関係者らは「支持率停滞状況を打開してゼロベースから突破口を模索する戦略」と主張した。あるキャンプ関係者は電話で「崔前院長が明確にしたように決して大統領選放棄ではない」とし「大規模なキャンプ形態でなく11月の最終予備選まで少数の人と国民の支援を受け、従来の政治とは異なる新しい道を進むということ」と伝えた。この関係者は「汝矣島(ヨイド)式の文法でなく政治新人の文法に大統領選キャンペーンの枠組みを変えるということ」とも話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国前監査院長、選挙キャンプ解体…「大統領選放棄でなく成功のための決断」

    2021.09.15 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長
    TOP