주요 기사 바로가기

ファイザー接種でなぜ小腸壊死? 専門家、因果関係説明で「交通事故起きたからといって…」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.15 08:11
0
「前日に新型コロナワクチンを打って翌日尿道感染が診断された場合、これはワクチンが原因だろうか」

韓国高麗(コリョ)大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授は14日、中央防疫対策本部が設けた新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン異常反応説明会で「ワクチン接種→特定疾患発生」の時間的順序が必ずしも因果性を意味するわけではないと説明しながらこのように反問した。

 
◆ワクチン接種後、交通事故起きたとすれば…

チェ教授は「尿道感染が発生する理由は腸の中の菌が尿路に入って炎症を引き起こす。ワクチンを打ったからといって発生するものではない。時間的因果関係にすぎない」としながら「ワクチン接種後に交通事故が起きたからといってワクチンが原因だとは考えないだろう。尿道感染も同じこと」と話した。

最近、新型コロナワクチン接種後、急性骨髄性白血病や小腸壊死などで死亡したという投稿が青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願に相次ぎ、不安が高まっている。専門家はワクチン接種後に様々な疾患が自然発生する可能性はあるが、これは因果性とは異なる問題だと説明した。現在、接種後の白血病や小腸壊死などはワクチンとの因果性が確認されていない。

◆症状が分からないまま亡くなった場合も一日5.6人

因果性が明らかになるには複雑な機転(病気の変化過程)の確認も重要だが、統計的にも有意でなければならない。国家統計ポータルによると、2017年基準で応急室に来院する患者の死亡は一日平均136人に達する。特別な症状などが不明な死亡事例も一日平均5.6人にのぼる。新型コロナ接種開始以降の死亡率で有意な変化はないというのが専門家の見解だ。白血病や小腸壊死なども同じだ。発生率が高まっていない。

最近、大韓血液学会は現在まで新型コロナワクチンが白血病を誘発するというのは根拠がないという諮問結果を中央防疫対策本部に伝えた。ワクチン接種後、短期間内の白血病発生は従来の理論とは一致しないとしながらだ。腸壊死も臨床では珍しいことではない。

チェ教授は「虚血性腸疾患、腸壊死などは一般の人には見慣れないが、臨床では少なくない。発生率がかなりある疾患」としながら「現在のところワクチンによって生じた疾患という根拠はない」と話した。

◆「ワクチンは毒ではない」

異常反応は新型コロナワクチンが誘発するというよりも個人の免疫系により発生する可能性があるという。この日の説明会に出席したソウル大学病院薬物安全センターのカン・ドンユン教授は「接種後に現れる発熱、筋肉痛などは予測可能な異常反応で大部分を占める」とし「ワクチンは毒ではない。致命的異常反応はワクチン接種の意図と無関係に、分子構造上、免疫系で敵と誤認して発生する現象」と説明した。

カン教授は一部からワクチンの構成物質であるポリエチレングリコール(PEG)や添加剤ポリソルベート80(PS 80)などがアレルギーを引き起こすという主張に対して問題になる確率が低いと明らかにした。

ワクチン接種後に異常反応に対する不安が高まると、韓国政府は医療費支援対象を拡大した。現在ワクチンと異常反応に対する資料が充分でなくても支援するという方針だ。新型コロナ予防接種対応推進団の趙恩禧(チョ・ウンヒ)安全接種管理班長は「コロナワクチンが新しいプラットフォームであるうえ、ギラン・バレー症候群のように異常反応の認定範囲も繰り返し変化している」とし「因果性があるかどうかの発表は一度決めてそれで終わりというわけではない。今後の研究・調査の結果よって変わりうる。このため支援対象を拡大した」と説明した。

◆消炎鎮痛剤が心筋炎予防?

この日の説明会では質疑応答も行われた。ファイザーやモデルナのようなmRNA(伝令RNA)方式ワクチンの場合、接種後にアセトアミノフェン成分の鎮痛剤が心筋・心嚢炎(しんのうえん)を誘発するという主張に対して、専門家たちは「事実ではない」と反論した。また、消炎鎮痛剤であるイブプロフェンが心筋・心嚢炎の治療目的で使われていることから、まるで心筋炎などの予防が可能になるかのように間違って伝わっているとも付け加えた。

また、妊婦接種に対しても新型コロナ感染時に一般女性より重症化や死亡リスクが高いことから米国などでは接種を勧告しているという説明が返ってきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ファイザー接種でなぜ小腸壊死? 専門家、因果関係説明で「交通事故起きたからといって…」=韓国

    2021.09.15 08:11
    뉴스 메뉴 보기
    ファイザー製ワクチン
    TOP