주요 기사 바로가기

<サッカー>「趙賢祐PK戦好セーブショー」…蔚山、川崎を退けてACL8強

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.15 08:13
0
「ディフェンディングチャンピオン」蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)が川崎フロンターレを退けてアジアチャンピオンズリーグ8強に進出した。蔚山のGK趙賢祐(チョ・ヒョンウ)がPK戦で好セーブを見せた。

洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が率いる蔚山現代は14日、蔚山文殊(ムンス)競技場で行われた2021アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ16強戦で川崎と延長まで0-0で引き分けた後、PK戦を3-2に制した。昨年の優勝チームの蔚山は2連覇に向けて峠を一つ越えた。

Kリーグ1とJリーグの1位チームの対戦は互角だった。延長前半の終盤、川崎選手のヘディングシュートを趙賢祐が動物的な感覚で防いだ。延長後半14分には蔚山のユン・ビッカラムのCKにキム・ジヒョンが頭で合わせたが、右ゴールポストに弾かれた。

結局、PK戦に入った。韓国代表の現・元GK、蔚山の趙賢祐と川崎の鄭成竜(チョン・ソンリョン)の対決となった。川崎の2人目のキッカー長谷川竜也が外し、蔚山の2人目のキッカー元斗才(ウォン・ドゥジェ)のキックもクロスバーに弾かれた。川崎3人目のキッカーは成功したが、蔚山の李同俊(イ・ドンジュン)のシュートが鄭成竜に防がれた。鄭成竜が先に動いたためやり直しとなったが、李同俊のPKはまたも阻まれた。

しかし川崎4人目のシミッチが上に外し、蔚山の尹日録(ユン・イルロク)が成功したため、また2-2となった。川崎5人目の家長昭博のシュートを趙賢祐が防いだ後、蔚山は5人目のユン・ビッカラムが決めて勝利を決めた。

大邱(テグ)FCは日本で行われた16強戦で名古屋グランパスに2-4で逆転負けした。大邱は前半4分、セジーニャのミドルシュートで先制した。しかし前半12分、ヤクブ・シュヴィルツォク(ポーランド)に同点ゴールを許した。大邱は前半28分、エドガーのヘディングゴールでまたリードした。

しかし中央DF鄭泰ウク(チョン・テウク)が足首を痛めて交代した後、守備が崩れた。大邱は後半18分と20分にシュヴィルツォクに得点を許した。シュヴィルツォクはハットトリック。さらに後半34分にはCKから中谷進之介にヘディングゴールを決められた。

準々決勝と準決勝は来月17日から20日まで全州で開催される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「趙賢祐PK戦好セーブショー」…蔚山、川崎を退けてACL8強

    2021.09.15 08:13
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカーの元・現代表GK、川崎フロンターレの鄭成竜(チョン・ソンリョン)と蔚山現代の趙賢祐(チョ・ヒョンウ)が、アジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ16強戦が行われた蔚山文殊(ムンス)競技場で試合前にあいさつを交わしている。 写真提供=韓国プロサッカー連盟
    TOP