주요 기사 바로가기

「子孫・人類のための投資」…現代自動車会長のロボット戦争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.14 09:58
0
現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は13日、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)の現代モータースタジオで開かれたセミナーに参加した。国会モビリティフォーラムが「人類に向けたモビリティの未来、ロボティクス」を主題に設けた行事だ。鄭会長はこの席で「ロボティクス技術に対する投資と研究開発に拍車をかけるのは子孫と人類の便利さに向けたもの」と話した。

これまで鄭会長はロボティクス事業に格別に力を入れてきた。彼は2490億ウォンを投資して米国のロボット企業ボストン・ダイナミクスの株式20%を確保した。現代自動車グループは2017年に245億ドル水準だった世界のロボット市場が今年444億ドルまで成長すると予想した。2025年には1772億ドル規模に大きくなると予想した。新型コロナウイルスが世界的にロボット技術の開発競争を加速するだろうという予想だ。

米電気自動車メーカーのテスラは先月人間に似たヒューマノイド型ロボットのテスラボットの開発計画を明らかにした。このロボットの身長は177センチメートル、重さは57キログラムだ。ロボットの頭には周辺の状況を感知するカメラ8台と多様なセンサーを付ける。テスラの自動運転技術であるオートパイロットとスーパーコンピュータシステムも搭載する。テスラのイーロン・マスクCEOは「つまらない単純労働をロボットに任せれば人件費を減らし、人はさらに生産的な経済活動ができる」と話した。ただテスラボットはまだ具体的な試作品を出していない。

テスラボットに対しボストン・ダイナミクスのロバート・プレイター最高経営責任者(CEO)のは「鼓舞的だ。より多くの競争企業のロボット事業進出を望む」との立場を出した。ボストン・ダイナミクスは10日にロボット犬とヒューマノイドなど新型ロボット3種類を発表した。

自動車業界によると、米ゼネラルモーターズ(GM)とフォード、日本のトヨタ、中国の電気自動車スタートアップ小鵬などもロボット開発競争に加勢した。自動車メーカーがロボット開発に参入する背景には自動運転技術がある。例えば現代自動車のロボット犬「スポット」は前後左右に装着したカメラで周辺の地形とモノを認識する。その上で足取りを自分で調節する。ボストン・ダイナミクスのアーロン・サンダース最高技術責任者(CTO)は「自動運転車が解決しようとする問題はロボティクスが解決しようとする問題と似ている。そのため互いに助け合うことができる」と話した。

小鵬は8日に四足歩行ロボット「小白竜」の試作品を公開した。小白竜はカメラとライダ(電波の代わりに光を使うレーダー)で周囲を識別し運行経路を探す。音声を認識することもできる。前面に設置したモニターでさまざまな表情を表現することも可能だ。30キログラムまでの荷物を積むこともでき、子どもを乗せることもできる。小鵬の創業者である何小鵬CEOは「自動運転システム、音声認識などの技術を人工知能(AI)ロボット領域に拡張するだろう」と話した。

フォードは昨年1月に米ラスベガスで開かれた家電見本市のCES2020で、二足歩行する配送ロボット「ディジット」を公開した。GMは今年のCESで配送用ロボット「EP1」を公開した。GMは米航空宇宙局(NASA)と組んでロボット宇宙飛行士「ロボノート2」も開発した。トヨタは2017年にヒューマノイドロボット「T-HR3」を公開している。ホンダは2000年に二足歩行するロボット「アシモ」を発表している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「子孫・人類のための投資」…現代自動車会長のロボット戦争

    2021.09.14 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    鄭義宣現代自動車グループ会長が投資した米ボストン・ダイナミクスの人間型ロボット「アトラス」[写真 現代自動車グループ]
    TOP