주요 기사 바로가기

<女子バレー>「校内暴力」韓国双子姉妹のギリシャ行き、国際連盟の判断に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.10 14:16
0
韓国女子バレーボール選手、イ・ジェヨン-イ・ダヨン双子姉妹(25)の国外進出は結局、国際バレーボール連盟(FIVB)の判断にかかる見通しだ。イ姉妹は学生時代の暴力が暴露されて韓国国内での活動が難しくなり、ギリシャ進出計画を進めてきた。

スポーツ界によると、双子姉妹側はFIVBに大韓バレーボール協会の移籍同意書(ITC)発行拒否に関連して公式的に質疑する予定だ。

イ姉妹は、元所属チームの興国生命が選手登録を放棄すると、トルコのエージェンシーと契約し、ギリシャPAOKテッサロニキと入団に合意した。

しかしビザ発行過程でギリシャ大使館がITCを要求し、大韓民国バレーボール協会は国内選手の海外進出資格制限を明示した規定を根拠にITC発行を拒否した。

バレーボール協会の規定は「大韓オリンピック委員会(KOC)、協会、傘下連盟などバレーボール関連機関から懲戒処分を受け、その執行期間が満了しない者、(性)暴力、八百長、兵役忌避、その他の問題行為で社会的物議を醸したり、バレーボール界に重大な被害を及ぼした者の海外進出資格を制限する」となっている。

2人の校内暴力疑惑は2月に浮上した。オンラインを中心に「イ姉妹から暴力を受けた」と暴露する内容が広がると、球団は2月15日に両選手を無期限出場停止の懲戒処分とした。大韓バレーボール協会も両選手の国家代表資格を無期限剥奪した。現在、真実究明のために加害当事者、被害者を合わせた警察の取り調べが進行中だ。

バレーボール協会はイ姉妹に校内暴力疑惑が浮上すると、真実を究明する前に姉妹の国家代表資格を無期限剥奪した。協会側はイ姉妹が校内暴力疑惑に関連して協会の懲戒を受けたことはないと強調した。懲戒の結論が出ず、ITCの発行は難しいということだ。しかし一部では該当規定がイ姉妹の疑惑が出てから施行されたため、遡及適用は難しいという指摘もある。

一方、FIVBは選手の国際移籍同意書を該当国のバレーボール協会1カ所だけが発行できるよう定めている。しかし大韓バレーボール協会がITCの発行を拒否しても、FIVBが承認すればイ姉妹はギリシャでプレーできる。

バレーボール界関係者によると、FIVBはITC発行に関連して有権解釈が必要な場合、独自で48時間以内に承認したりもする。このためイ姉妹のギリシャ行きの可否は秋夕(チュソク、中秋)前後に決まるとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <女子バレー>「校内暴力」韓国双子姉妹のギリシャ行き、国際連盟の判断に

    2021.09.10 14:16
    뉴스 메뉴 보기
    韓国バレーボール女子国家代表のイ・ジェヨン(左)、イ・ダヨン(右)
    TOP