주요 기사 바로가기

IAEA事務次長「福島汚染水放出安全性評価に韓中が参加」

ⓒ 中央日報日本語版2021.09.10 11:03
0
福島第1原発の放射能汚染水(日本では処理水)放出計画を点検するために初めて訪日した国際原子力機関(IAEA)のリディ・エブラル事務次長が9日、放出過程の安全性評価に韓国や中国など近隣国も参加すると述べた。

この日までの3日間の訪日日程で福島第1原発を視察し、日本政府と東京電力の関係者に会ったエブラル事務次長は、東京のフォーリンプレスセンター(FPCJ)でオンライン記者会見を行った。

エブラル事務次長は、汚染水放出の安全性評価過程で韓国と中国の専門家の支援を受ける考えがあるのかという質問に対し、「世界最高の知識を動員し、経験がある多様な背景を持つ人たちの協力を受けなければいけない」と述べ、11カ国で構成される国際専門家グループに韓国など近隣国の出身者も含まれると明らかにした。

日本経済産業省はこの日、放出の安全性を評価するIAEA調査団を今年12月に福島第1原発に派遣することでIAEA側と合意した、と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP