주요 기사 바로가기

【コラム】北朝鮮に「挑発」は危険なカードになった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.10 08:37
0
8月には北朝鮮の未来に重大な影響を与えるかもしれない2つの事件があった。タリバンのアフガニスタン占領と中国共産党中央宣伝部の文書「中国共産党の歴史的使命と行動価値」発表だ。

タリバンのアフガニスタン占領で世界の耳目は朝鮮半島から確実に離れた。深刻な窮乏に直面して海外の援助が必要な北朝鮮政権としては厳しい状況だ。寧辺(ヨンビョン)プルトニウム原子炉を最近再稼働したのは、国際的の視線を引くための動きとも考えられる。しかしこれは失敗した。またアフガニスタンに関心が向かったということだ。

中国共産党中央宣伝部の文書発表は内容と語調ともに意味深長だ。断固たる姿勢の自己主張が強い新しい中国の到来であり、中国は自国の長期的発展に脅威となるいかなるものも受け入れる考えがないことを明確にした。文書の大部分は米国に向けた警告だった。しかし中国の断固たる姿勢が、何度か自分たちを当惑させた頑固で不安定な近隣諸国にも適用されるのは明確だ。

北朝鮮としてはいかなる措置も取らなければ状況がさらに難しくなるだろう。経済は悪化し、食糧・油類不足が深刻化し、住民、特にエリート内の不満が強まり、政権を脅かす程度になることもあり得る。中国の援助は十分ではなく、西側の支援はまだない。国境を開いて貿易を再開することは可能だが、新型コロナ拡大の危険がある。それでも米国の対話の動きに応じないのは、ハノイ首脳会談の失敗を記憶しているためとみられる。韓国と協議する兆候も見えない中、南北交渉に友好的な文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期は終わろうとしている。

結局、北朝鮮政権が交渉テーブルを再稼働するための政治的な選択は一つしかない。寧辺原子炉再稼働のような挑発であり、過去から繰り返し使用して通用した手法だ。しかし今度は中国が我慢しない可能性がある。

中国は大乱に対する根深い恐れがある。習近平主席の執権以降、潜在的な混乱までも無慈悲に抑圧した。特に香港の事例が北朝鮮には不吉だ。中国が政治的な腕力だけで鎮圧したからだ。「忍耐力が低下した」中国から見て北朝鮮が度を越すと判断すれば、香港で見せたように北朝鮮にもする可能性がある。

北朝鮮は自国が中国に経済的・政治的に依存しているとのことを知っている。中国も北朝鮮が認識している事実を知っている。中国がこれをどう利用するだろうか。ただ、特定の行動が食糧と石油の供給を難しくすることもあると静かに警告さえすればよい。しだいに中国が承認しない行動はできない状況になっていく。ソ連がフィンランドの外交政策(時には国内政策)に拒否権を行使したような、いわゆるフィンランド化(Finlandisation)だ。非常に民族主義的な北朝鮮のエリートは我慢できないかもしれない。抗議デモでも生じれば、中国は自国の利益保護を理由に北朝鮮政府に中国人顧問官を置く可能性もある。かつて「唇亡歯寒」の友好関係だったのが、中国が北朝鮮の高位職任命に指針を与え、中国大使が主要政策の議論に介入し、北朝鮮の上流層の子どもが中国で中国語で無償教育を受ける関係に変わるかもしれない。名目上の独立国家ということだ。

北朝鮮の指導層も気づいている。この数週間は相次いで会議が開かれ、28日に最高人民会議を開催すると発表した。国家経済計画などを見直すという。

もう北朝鮮としては何もせずに過ごすことはできず、挑発することも非常に危険になった。進退両難であるだけに、過去には想像できなかったことをするのではないだろうか。9月の最高人民会議では、国際社会と一種の合意をするために、または文大統領の任期満了前に韓国とある種の取引をするために、道付けをするのではないだろうか。筆者の次のコラムが掲載される頃(4週後)にはその結果を知ることになるだろう。

ジョン・エバラード/元平壌駐在英国大使

◇外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP