주요 기사 바로가기

【コラム】メディアを厳しく統制する「先進国」はない=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.10 08:16
0
韓国与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表は8日、交渉団体代表演説でK防疫とアフガニスタン「ミラクル作戦」などに言及して文在寅(ムン・ジェイン)政府の業績を絶賛した。尹院内代表は「今年7月の国連貿易開発会議は満場一致で韓国を開発途上国から先進国に格上げした」とし「文在寅政府は大韓民国を先進国にした政府として歴史に記録されるだろう」と述べた。

だが、尹院内代表のいう「先進国」で言論の自由が厳しく統制される恐れのある言論仲裁法改正案が拙速処理される状況に置かれている。与野党が27日本会議処理に合意して交渉に入ったが、うまくいかなければ与党は単独処理も辞さない姿勢だ。

法改正案には故意・重過失として虚偽操作報道を行う場合、被害額の5倍まで懲罰的損害賠償を科すという内容を入れた。米国の場合、懲罰的損害賠償制度は発達しているが名誉毀損で刑事処罰をすることはない。法が通過すれば韓国メディアは刑事処罰を受ける状況でさらに過重な民事責任も負わなければならない。そのうえ至るところに曖昧な条項があり言論の自由を萎縮させかねないという指摘が言論団体などから出ている。

尹院内代表はこの日、言論仲裁法の必要性に言及しながら「工業用牛脂事件、ホルマリン検出サザエ、生ゴミ餃子、重金属黄土パック、台湾カステラを覚えているだろうか」と言及した。当時、メディアの報道にさまざまな問題があったのは事実だが、いま言論仲裁法改正の名分として全面に出すには何かが足りない。

言論仲裁法改正案を急いで通過させなければならないほどの理由は何か。30余年前の工業用牛脂事件のためか。それよりは「言論仲裁法はチョ・グク事態の延長戦」という陳重権(チン・ジュングォン)元東洋(トンヤン)大学教授の指摘が妥当だとみられる。

「チョ・グク事態」真っ只中だった2019年8月26日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願掲示板には「マスコミのフェイクニュースの強力な処罰を請願します」という投稿が掲載されて22万9000人余りの賛同を得た。請願にはこのような部分がある。

「最近法務部長官候補者に対する無分別かつ無差別的なフェイクニュースが氾濫している。一人の長官候補者に関するニュースが1万件を越えて2万件近くになるという。それさえもほとんどは真実ではないことに驚かざるを得ない」。

数多くのメディアとさまざまな報道があっただけに間違ったものもあっただろう。だが、本当に大部分がフェイクニュースだったのだろうか。報道主体が誤報と認めたものもあるが、意見が分かれる場合なら裁判所の判断を仰ぐべきだ。

チョ・グク元法務部長官の夫人の情景芯(チョン・ギョンシム)元東洋大学教授の1・2審判決だけをみると有罪として判断された部分が多い。チョ元長官の弟の熊東(ウンドン)学院工事債権関連疑惑も1審では無罪だったが、2審では業務上背任未遂で有罪が認められた。

最高裁の確定判決が出てくる前はフェイクニュースだと断定しにくいものも少なくないということだ。報道対象者が認めないという理由でこれを簡単にフェイクニュースだと推定すれば、高位公職者に対する疑惑提起や検証報道は放棄しろということと違わない。

ドルイドキング事件容疑で有罪が確定し、知事職を失った金慶洙(キム・ギョンス)元慶南(キョンナム)知事事件でも最高裁の判決を非難してこれを認めない人々がいる。なのになぜ曖昧な法を作って「信じることができない司法府」にその判断を任せようとするのか理解できない。

考えてみるとメディアだけの問題だろうか。国会議員が虚偽事実を流布して国民が深刻な被害を受けた場合、メディアより多い10倍を弁償するようにする方法を作ればどうだろうかと想像してみる。

与党が圧倒的多数を持った後から法が一方的に、非常に容易に作られる過程を目撃する。その流れを見れば概して各分野の自由度を高めるというよりは規制と処罰を強化する側に流れている。そして意図した通り結果が出ることもない。

与党の念願である高位公職者犯罪捜査処(公捜処)が始まったが検察改革が正しく行われただろうか。犯罪の種類や公職者の身分により捜査主体が変わって犯罪捜査がさらに難しくなった側面がある。いっそ公捜処は判・検事と警察高位職だけを捜査して起訴するようにするほうがよかった。これからは第2の検察改革を行うという。一般的に実力のない人は何度も手を入れるものだ。

言論仲裁法を社会的合意なくとりあえず作っておこうという気持ちで強行すれば全く予想できない結果が現れる可能性がある。

言論の自由は言論が美しいから保障するのではない。言論が萎縮すれば権力を牽制(けんせい)することができなくなり、それが民主主義を後退させるためだ。

キム・ウォンベ/社会ディレクター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】メディアを厳しく統制する「先進国」はない=韓国

    2021.09.10 08:16
    뉴스 메뉴 보기
    先月30日、7つの言論団体が言論仲裁法改正撤回を促している。イム・ヒョンドン記者
    TOP