주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>レバノン監督「韓国は孫興民ワンマンチームでない。良い選手多い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.08 08:41
0
「韓国は孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)ワンマンチームでない。韓国が全般的に試合を支配した」。

レバノン代表のイワン・ハシェック監督が敗北を潔く認めた。レバノンは7日、水原(スウォン)W杯競技場で行われた2022カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦のアウェー試合で韓国に0-1で敗れた。レバノンの選手はグラウンドで倒れて試合を遅延させる「ベッドサッカー」を何度か見せたが、後半15分、権昶勲(クォン・チャンフン、27、水原サムスン)に決勝ゴールを許した。

試合後、ハシェック監督は記者会見で「我々のチームは韓国に多くの空間を与えないよう努力したが、韓国の試合のペースが速かった。前半戦はよく防いだが、終盤は韓国の選手が戦術的、精神的に素晴らしかった。我々にも良いチャンスがあったが得点できず残念だ」と語った。続いて「頑張ってプレーしたレバノンの選手を誇りに思う。2試合が終わったが、残りの試合で良い試合をする」と話した。

ハシェック監督は韓国選手の競技力が予想以上に優れていて苦戦したと振り返った。「韓国はクロスとパスの質が高く、これを防ぐのに苦労した。特にサイドバックの洪チョル(ホン・チョル)のクロス能力が目を引いた。失点の場面も洪チョルの足から始まった」と評価した。

韓国のエース孫興民にけがが戦術の構成にどんな影響を及ぼしたかという質問には、「孫興民が優秀な選手であるのは確かだが、韓国には良い選手が多く強いチームだった」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>レバノン監督「韓国は孫興民ワンマンチームでない。良い選手多い」

    2021.09.08 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    2日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2022FIFAカタールW杯アジア最終予選初戦のイラク戦で、孫興民(ソン・フンミン)が突破している。 写真提供=大韓サッカー協会
    TOP