주요 기사 바로가기

日本政府、ベルリン少女像設置の延長に「ドイツ側に強く抗議」

ⓒ 中央日報日本語版2021.09.07 10:34
0
日本政府はベルリン「平和の少女像」設置に対して1年延長の決定が下されたことに対してドイツ側に抗議していると6日、明らかにした。

加藤勝信官房長官はこの日午前の定例記者会見でドイツ・ベルリン市ミッテ区庁の少女像設置許可延長に関連した質問にこのように答えた。

これに先立ち、ミッテ区庁は今月2日、現地の市民団体コリア協議会に送った書簡で少女像がミッテ区モアビット地域のビルケン通りに留まることができるようにする特別許可を来年9月28日まで1年間延長することを議決したと明らかにした。

これに関連し、加藤長官は「これまで日本政府がミッテ区などに説明を尽くしてきたが、残念ながらそうした私たちの説明に対応したものではないと考えている」として遺憾を表明した。

加藤長官は「引き続きさまざまな関係者にアプローチをし、わが国政府の立場を粘り強く説明を行い、像(少女像)の速やかな撤去を求めていきたい」と強調し、「韓国政府との関係でも、第三国における慰安婦関係の石碑・像の設置の動きを支援することはしないというのは、日韓(慰安婦)合意当時から両国政府が確認しているので、その点は類似の機会に韓国側にも提起している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本政府、ベルリン少女像設置の延長に「ドイツ側に強く抗議」

    2021.09.07 10:34
    뉴스 메뉴 보기
    少女像
    TOP