주요 기사 바로가기

8日に韓国版「水素サミット」…産業生態系構築を加速

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.06 15:45
0
現代車・SK・ポスコなどが参加する水素ビジネスサミット(H2 Business Summit)が8日、京畿道高陽市(コヤンシ)韓国国際展示場(KINTEX)で開かれる。また、この日から4日間の日程でKINTEXで韓国・米国・英国など12カ国・154企業が参加する「2021水素モビリティー+ショー」が開催され、水素モビリティー、水素充填技術などが公開される。特に国内では10余りの大企業が主導する協議体が公式的に発足し、水素生態系の構築に弾みがつく見通しだ。

現代自動車は水素モビリティーと運送に力を注ぐ予定だ。2013年に世界で初めて燃料電池車を生産した現代車は、2030年までに年間生産台数を50万台に増やすことにした。現代車は最近、水素モビリティーに関連した具体的な戦略も出した。2025年からジェネシスブランドのすべての新車を燃料電池車および純粋な電気自動車とする。これを基盤に2030年までに8モデルのラインナップを完成する方針だ。鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車グループ会長は「ジェネシスの電気自動車計画は大胆な旅程の開始点であり、ジェネシスが革新的なビジョンを通じて率いていく持続可能な未来」と述べた。

現代グロービスも2000億ウォン(約190億円)を投資し、水素海上運送のための超大型ガス運搬船の建造に入った。船舶が引き渡される2024年からアンモニアや液化石油ガス(LPG)などを運送する計画だ。水素と窒素が結合したアンモニアを分解すれば水素を得ることができる。

SKもエネルギー系列会社SK E&Sを中心に水素市場戦略と水素生態系構築に着手した。SK E&Sは2023年までにSK仁川(インチョン)石油化学団地に世界最大規模の水素液化プラントを完工する予定だ。その後2025年まで液化水素年3万トン、ブルー水素年25万トンを供給する計画という。水素サプライチェーンも拡張する。SK E&Sは2025年まで全国に水素ステーション100カ所を設置する。これに先立ちSKグループは年初、米国水素専門企業プラグ・パワーの株式取得に1兆8000億ウォンを投資した。崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長は6月、「水素産業を育成するためには企業の役割が重要」とし「グローバル水素強国に飛躍する契機になるよう努力する」と強調した。

ポスコは水素還元製鉄技術の開発に入った。水素還元製鉄は伝統的な高炉(溶鉱炉)工法に代わる新技術で、石炭の代わりに水素を還元剤として使用する。この場合、二酸化炭素を排出せず鉄を生産できる。水素生産過程で発生する二酸化炭素を捕集および貯蔵するブルー水素も2030年までに年間50万トン生産する体制を整える計画だ。崔正友(チェ・ジョンウ)ポスコ会長は6月、「産業界が力を合わせて炭素中立(カーボンニュートラル)と国家の発展に共に寄与すべきだ」と述べた。

ロッテケミカルは2030年までに4兆4000億ウォンを水素分野に投資する。ハンファグループは太陽光・風力など新・再生可能エネルギーで水素を生産するグリーン水素分野に積極的に投資している。GSカルテックスは韓国ガス公社などと提携し、液化水素工場と水素燃料電池発電所の構築を始めた。暁星 グループも蔚山(ウルサン)に液化水素工場を建設するなど、生産から供給にいたるバリューチェーンの構築に注力している。斗山重工業は2022年の完工を目標に昌原(チャンウォン)工場に水素液化プラントを建設中だ。

水原大のペク・ヨンスン環境エネルギー工学科教授は「企業の投資が続いていて、生態系の構築にも弾みがつくだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP