주요 기사 바로가기

中国、今度は「イケメンアイドル」退出令「歪んだ美的基準を根絶」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.03 15:33
0
中国が芸能界に対する厳しい規制を発表した中、いわゆる「イケメンアイドル」にも退出命令を下した。最近、「女性よりきれいな」男性アイドルが人気を集め、男性アイドルの大半が女性のように化粧をしているが、このような「今の時代」のアイドルをすべて退出させるというのだ。

3日、香港サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)によると、中国の放送規制機関の国家広播電視総局(国家ラジオテレビ総局)は前日、合計8項目で構成された「放送・芸能界関連の通知」により、「娘炮などの歪んだ美的基準を断固根絶する」と発表した。「娘炮」とは姿や行動が女性のように可愛らしい男性を意味する。

特に「過度な娯楽化を断固として排撃し、中華の優れた伝統文化を大々的に育成し、正確な美的基準を立てて娘炮と低俗な『網紅(オンライン・インフルエンサー)』を断固排撃する」(第3項)と強調した。

中国当局は「娘炮」のトレンドに関して、批判の水位を継続して高めてきた。SCMPは、「規制対象となる『娘炮』には、伝統的中国文化の中の男性像の『マッチョ』に準拠していないか、または化粧するアイドル歌手などが含まれる」とし「このような人気のアイドルは、度々『小鮮肉(ハンサムな若い男性)』とも呼ばれるが、一部では、これらが伝統的な社会的価値への脅威になると指摘している」と説明した。

中国では、アイドル文化の人気に伴い、いわゆる「イケメン」をめぐる論争が続いてきた。一部の学者は、「男なのか女なのか分からないアイドルが子供達の未来を台無しにする」と主張した。これに対し、中国広州の性少数者人権NGOのア・チャン氏は「ジェンダーに関する表現は、才能や性格、愛国心や社会への寄与度と関連がない」と反論した。

一方、国家広播電視総局はアイドル選抜オーディション番組とスターの子供が番組に出演することも禁止した。韓国のようにファンの投票の競争をもたらすアイドルオーディション番組やスターの子供が出演するリアリティバラエティ番組が中国でも人気を集めたが、すべて撤退させられた。また▼物議をかもした芸能人の出演禁止▼高額出演料の禁止▼芸能産業に対する専門批評強化などの内容も規制に含めた。

中国国務院開発研究センターのチャン・ウェイ研究員は「中国政府は『無分別な資本拡張』の取り締まりの一環として芸能界とアイドルファン文化を取り締まっている」とし「政府は、芸能産業を理念制御の中核として見ており、否定的な影響を容認しないという立場だ」と分析した。

また、今回の「美男子退出令」について「中性的またはより女性的な表現をする人達に対する差別であり、現代社会の個別化と退化する美的基準の間の衝突」と批判した。

中国当局は、社会的物議をかもした芸能人を相次いで追放し、芸能界の規律を管理している。ボーイズグループEXO(エキソ)の元メンバーのクリス(中国活動名・ウー・イーファン)は強姦罪で逮捕・拘束され、日本の靖国神社を背景に写真を撮って、オンラインに掲載した俳優・張哲瀚も事実上追放された。2人とも「イケメン」として人気を呼んだスターだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP