주요 기사 바로가기

コロナ完治者はワクチン必要ない?打てば「ブースターショット」効果

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.03 09:15
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)完治者もワクチンを打つべきか。23万人近い韓国の新型コロナ完治者の間で提起されている疑問だ。専門家は「完治者も感染後に得られた中和抗体(ウイルスを無力化する抗体)の持続力に限界があるため、ワクチンを打たなければならず、再感染予防に役立つ」と助言する。

2日、韓国疾病管理庁によると、新型コロナ完治者の中和抗体生成率は感染から6カ月後に78%程度維持されていることが分かった。その後、時間が経つにつれ、低下する。抗体維持期間は、年齢、重症度、基礎疾患の有無などによって異なる。今年2月、日本東京大学医科学研究所の研究では3~6カ月程度と分析された。

中和抗体が生成されたからといって、新型コロナから安全だという意味ではない。大韓ワクチン学会のマ・サンヒョク副会長は、「防御力の有無を評価するには、抗体の量と濃度が重要」とし「(時間が過ぎると)中和抗体が消えるため、疾病庁や米国疾病管理予防センター(CDC)などで完治者にも予防接種を勧告している」と説明した。最近、完治者はファイザーやアストラゼネカの1回接種だけで強い抗体反応を示すことが分かった。ミョンジ病院診断検査医学科のイム・ジェギュン教授のチームは先月27日、学会誌(JKMS)に感染履歴がある医療スタッフ2人にファイザーを1回ずつ接種したところ、既存の抗体反応の30~40倍の水準を示したという研究結果を発表した。英国・米国などでも感染履歴がある場合、ワクチン接種後の抗体反応が活発だったという結果が伝えられた。いわゆる「ブースターショット」効果だ。

韓国政府は慎重だ。新型コロナ予防接種対応推進団のホン・ジョンイク予防接種管理チーム長は、「発表された事例をモニタリングしており、科学的根拠が蓄積されれば、専門家諮問などを経て有意義に活用することができるだろう」と述べた。実際、米ノースウェスタン大学の研究チームは先月、軽症や無症状の完治者の場合、感染力が既存の2.5倍のデルタ株の危険性を考慮すると、ワクチンの2回接種が重要だと強調した。高麗(コリョ)大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授も「(変異株に対する)予防効果がどうなるかはまだ分からず、現在完治者に1回接種は推奨していない」と説明した。

一方、ファイザー・モデルナなど、mRNAワクチンの場合、一般的に1次接種時より2次の際に悪寒・頭痛などの副反応がより深刻だと知られている。新型コロナ感染履歴がある人は、1次接種時に副反応が強まるという研究結果がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    コロナ完治者はワクチン必要ない?打てば「ブースターショット」効果

    2021.09.03 09:15
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルスワクチン
    TOP