주요 기사 바로가기

ワクチン接種家族は秋夕連休の集まり可能か…一時インセンティブ検討=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.02 08:22
0
韓国政府が秋夕(チュソク、中秋)連休期間に一時的に直系家族が集まることを認めるなど新型コロナワクチン接種インセンティブを検討している。政府などによると、中央災難安全対策本部は3日に発表する予定の秋夕特別防疫対策の一つとして、秋夕期間の直系家族の集まりを認めるかどうかについて議論している。

現在、社会的距離「第4段階」地域では直系家族の集まりも私的な集まりと見なされ、午後6時以後は3人以上集まることができない。「第3段階」地域でも直系家族が5人以上集まれない。これを秋夕連休期間に限り一時的に解除しようというのが議論の要旨だ。しかし飲食店など大衆利用施設にまで直系家族の集まりを認めるかどうかという問題をめぐっては意見が分かれる。

療養型病院内の面会守則緩和も議論されている。現在、第4段階地域では面会が禁止されていて、第3段階地域では透明ビニール膜などを間に挟んだ非接触面会だけが可能だ。政府はワクチン接種を完了したり陰性確認書を提出したりする場合、面会を認めるかどうかの議論を進めている。

政府は3日に社会的距離段階調整も共に発表する。ただ、新型コロナ感染拡大が続いているだけに現段階(首都圏第4段階、非首都圏第3段階)の緩和は難しいと予想される。

最近1週間(8月26日-9月1日)の一日平均国内新規感染者数は1671.3人。首都圏は1124.4人で、依然として第4段階適用基準(1000人)を超えている。非首都圏も忠清(チュンチョン)・慶北(キョンブク)・慶南(キョンナム)・江原(カンウォン)・済州(チェジュ)圏が人口10万人あたりの発生率が2人以上で、第3段階適用基準に該当する。湖南(ホナム、全羅道)圏だけが第2段階緩和要件を満たしたが、緩和されるかどうかは未知数だ。今回の段階調整は6日から施行され、2週間でなく4週間適用される予定だ。このためさらに頭を悩ませる雰囲気だ。

嘉泉大医大の鄭載勲(チョン・ジェフン)予防医学科教授は「秋夕期間の直系家族の集まりの基準緩和は防疫に大きな影響を与えないとみられるが、防疫緩和はきわめて慎重に進める必要がある。少なくとも9月中旬までは現基調を維持してこそ流行減少を期待できる」と述べた。

一方、保健当局はモデルナ社が今週中に供給することにしたワクチン600万回分が導入されなければ、秋夕連休前までの全国民70%(3600万人)1回目接種計画に支障が生じると明らかにした。

ただ、中央災難安全対策本部のイ・ギイル第1統制官は1日の記者会見で「ワクチン供給日程についてモデルナと持続的に協議している。十分に可能だと期待している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ワクチン接種家族は秋夕連休の集まり可能か…一時インセンティブ検討=韓国

    2021.09.02 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    大田中区(テジョン・チュング)予防接種センターで医療スタッフが市民にファイザーワクチンを慎重に接種している。[写真 フリーランサー キム・ソンテ]
    TOP