주요 기사 바로가기

「私は韓国人だ」 資産74億ドルの「スーパーリッチ」米ゲーム会社CEOが突発宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.02 06:48
0
約8000億円の財産を保有する世界的ゲーム会社の代表が「私は韓国人」と宣言した。

韓国で世界初めてグーグル(Google)とアップル(Apple)を狙った「In-App決済(アプリ)強制禁止法」が通過したことを歓迎するという意味でだ。In-App決済はグーグルとアップルが自主開発した内部決済システムだけで有料アプリとコンテンツを決済させる方式を称する。

31日(現地時間)、エピックゲームズ(Epic Games)の創業者、ティム・スウィーニーCEO(最高経営責任者)はツイッターに「韓国は世界におけるオープンプラットフォームのフロントランナー」とし「世界の開発者は胸を張ってこのようなことが言える。『私は韓国人だ』」と明らかにした。エピックゲームズは人気ゲーム『フォートナイト』とゲームエンジン『アンリアルエンジン』を開発した会社で、スウィーニー氏はフォーブス基準で財産74億ドル(約8145億円)を保有する資産家だ。

あわせて「韓国はデジタル商取引独占を拒否してオープンプラットフォームを権利として認めた」とし「個人用コンピュータが普及した45年間の歴史において重要なマイルストーンだ。歴史の始まりはクーパティーノ(=シリコンバレー)だったが、今日の最前線はソウル」と付け加えた。

スウィーニー氏の「私は韓国人」という表現はジョン・F・ケネディ元米国大統領の有名演説に着眼したものだ。ケネディ元大統領は1963年、ドイツの西ベルリンを訪問して「自由世界で最も誇らしい言葉は断然『私はベルリン人だ』であろう」と述べたことがある。当時、ドイツは東ドイツと西ドイツに分かれていたが、西ベルリンは東ドイツの中央で孤立した領土だった。ここに住む市民に自由世界の重要性を強調して応援するメッセージが含まれていた。

エピックゲームズは現在アップルと「In-App決済強制」に巡って訴訟戦を繰り広げている。昨年8月、同社のゲーム『フォートナイト』が自社決済システムを導入したが、アップルがApp  Store(アップストア)からこのゲームを削除したためだ。

一方、韓国国会は31日、本会議を開いてアップルやグーグルなどアプリマーケット事業者がその立場を不当に利用してモバイルコンテンツ提供事業者に特定の決済方式を強制する行為を禁止する電気通信事業法改正案を通過させた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「私は韓国人だ」 資産74億ドルの「スーパーリッチ」米ゲーム会社CEOが突発宣言

    2021.09.02 06:48
    뉴스 메뉴 보기
    7月20日午後、韓国国会で開かれた科学技術情報放送通信委員会全体会議。野党「国民の力」議員が参加しない中で開かれた全体会議で「In-App決済」強制導入を防ぐいわゆる「グーグルカプチル防止法」(電気通信事業法改正案)が通過した。イム・ヒョンドン記者
    TOP