주요 기사 바로가기

韓国忠清北道の学校、校歌を新しくして親日残滓を清算

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.01 15:14
0
忠清北道(チュンチョンブクド)地域の5つの学校の校歌が児童生徒たちが作った校歌に一新された。これら学校は親日作家が作ったという理由で校歌を変えることになった。

1日、忠北道教育庁は「忠北鎮川(ジンチョン)のある小学校をはじめ、親日人物が作詞や作曲に関わった忠北地域5校の校歌が『我が校の歌作り』事業を通じて新校歌に変わる予定」と明らかにした。

開校100周年を約1年後に控えた鎮川のある小学校は今後、従来の校歌ではなく新しい校歌を歌うことになる。この学校の新しい校歌の歌詞は児童生徒と教師が一緒に作った。これに伴い、作詞者の名前も「教育共同体」として記録された。

現在、この学校の校歌の歌詞は日帝強占期の親日作家に挙げられるキム・ドンジンが書いた。忠北地域はイ・ウンサン、ヒョン・ジェミョンら親日人物が作った校歌を使用している学校が20カ所余りに達する。彼らが作った歌には学生たちを「学徒」「健児」、女子学生を「花」と表現した歌詞もある。

これについて忠北道教育庁と忠北教育文化院はこのような校歌を変えるために我が校の歌作り事業を企画した。当初は3校を対象に進めようとしたが申し込み校が多く、10校に増やした。申し込んだ学校のうち5校は親日人物が作った校歌を使用している学校で、残りの5校は軍隊式の雰囲気が漂う歌詞だったため児童生徒の感覚に合わせて変えるために事業に参加したという。

◆新しい校歌、現在マスタリング作業中

教育文化院は専門家に作曲を依頼して歌を作り、最近編曲や歌の録音などを終えた。現在マスタリングなど仕上げ作業が行われているところで、作業が完了すれば10校に伝達する計画だ。

教育文化院のユン・ハクチュン教育研究家は「我が校の歌作りに参加したすべての学校で児童生徒が歌詞を書いたことに大きな意味がある」とし「歌詞が学校の良い点や明るい未来に対する内容である上、スタイルも現代的感覚で洗練されている」と話した。

一方、忠北道教育庁は2019年2月の全数調査を通じて小・中・高26校で親日派が作詞・作曲した歌を校歌として使っている実態を確認した。その後、該当学校に校歌の差し替えを勧告した。だが、学校は同窓会・児童生徒などの意見取りまとめと歌を新たに作る過程が難しいという理由などで校歌を変えることには消極的な態度を示した。

これに対して忠北道教育庁は今年初めから我が校の歌作り事業を推進し、親日人物が作った校歌や軍歌風の校歌を児童生徒の感覚に合うように変えることにした。この事業に参加する意思を明らかにした学校には300万ウォン(約29円)を支給し、校歌の作曲と音源製作を支援している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国忠清北道の学校、校歌を新しくして親日残滓を清算

    2021.09.01 15:14
    뉴스 메뉴 보기
    先月24日、忠清北道清州市(チュンチョンブクド・チョンジュシ)にある忠北視聴者メディアセンターで新しい校歌を録音している様子。[写真 忠北道教育庁 教育文化院]
    TOP