주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の成長率0%台に直面、食べていく問題から解決しなくては(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.31 13:06
0
資本主義体制の中でも当時の韓国は国民が新しいアイデアを自ら考え出す人的資本よりは既存の知識や技術を書き写して覚える模倣型人的資本を早く蓄積した。この方式を誘導する強力な教育、租税と財政システムを備えていた。筆者が「模倣型資本主義体制」と命名したこの体制は模倣型人的資本投資に対する莫大な収益率を保障した。このようなインセンティブによって国民が先進知識と技術を驚くべき速度で熱心に覚えて書き写し、これを利用して企業が素早く新しい製品を作って輸出することになり経済が超高速に成長できた。

しかし国の経済体制が時代の変化を読めず過去の成功にばかり陶酔して自ら革新できなければ国民的潜在力もその輝きを失うことになる。1990年代からは韓国が世界の技術フロンティアに近づくにつれ特許で保護される海外の先端技術を模倣するのが難しくなった。これとともにインターネットと人工知能(AI)の急速な発達で模倣型人的資本の価値が急落した。これにより個人でも企業でも自ら新しいものを考えて作り出す能力である「創造型人的資本」を育て、新しいアイデアと技術を開発できなければ生き残るのが難しい時代がすでに到来した。

それでもその効能を使い果たした模倣型資本主義体制を韓国は30年間踏襲した。このため韓国社会では100万ドルのアイデアを考え出しても保護される方法はほとんどなく、若い学生たちはインターネットでクリック1回で見つけられる余計な知識を夜も寝ずに暗記してきた。

その結果5年で1%の下落の法則によって30年間に成長率が急落し、いまや国民の「食べていく問題」に深刻な脅威を加えている。これに伴い、私たちはこの恐ろしい法則とそれにより近づく経済危機の暴風雨を阻止しなければならない重大な時代的課題に直面することになった。

幸いその解決策はあまりにも明確だ。その解決策とは創造型人的資本投資を促進する「創造型資本主義体制」の構築にある。この体制は国民が考え出した創意的アイデアに対し強力な財産権保障と投資インセンティブシステムを提供して創造的人的資本を育てる効率的教育システムを備えた資本主義体制だ。

一言で言えば、眠っていた国民の創意的潜在力を引き出す体制だ。わが民族の優れた創造的潜在力は産業化を促進し庶民と中産層の住宅安定に大きく寄与した創意的民族発明品である伝貰(チョンセ)制度でも明確に現れている。

今回の選挙で国民の食べていく問題を解決するために、創造型資本主義体制へのアップグレードに向けた具体的案がすべての候補により競争的に提示されることを期待する。そしてどんな候補が大統領になっても韓国国民の優れた創意的潜在力が爆発する転換点になることを期待する。その結果数多くの大小の「韓国のスティーブ・ジョブズ」が出現するならば韓国はかつて世界が驚いた「奇跡的成長」をもう一度謳歌できるのではないだろうか。

キム・セジク/ソウル大学経済学部教授 【コラム】韓国の成長率0%台に直面、食べていく問題から解決しなくては(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP