주요 기사 바로가기

「あまりにも政治的」な韓国法務部長官…強すぎる広報欲が「人形長官」「傘次官」を招いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.30 10:01
0
韓国法務部の各種儀典問題が大きくなっている。中でも下級職員が雨の中で膝をついて傘を捧げ持つ場面がその中心だ。アフガニスタン(アフガン)人助力者を迎えて韓国政府の人権擁護をアピールしようとしたが、かえって下級職員の人権を蔑ろにしたという批判を受けることになった。今月26、27日、法務部の長・次官は立て続けに仁川(インチョン)空港入国場と忠清北道鎮川(チュンチョンブクド・ジンチョン)国家公務員人材開発院を訪れて広報に出た。危険を犯して救出作戦を遂行した外交部や国防部など「ミラクル作戦」成功の立役者たちは一人も前面に出なかった。

27日午後、人材開発院正門前で雨が降る中、姜声国(カン・ソングク)次官が「アフガニスタン特別機 女性および家族初期定着支援計画」をブリーフィングしている間にその「事故」が起きた。

スーツ姿の法務部職員が、10分ほど、ひざまずいたまま傘をさしている様子が公開された。中央日報が政府KTVと各放送局の当時現場映像を総合した結果、状況はやや微妙だった。アフガン人助力者と家族を分乗させたバス13台がこの日午後0時過ぎに人材開発院に次々と到着した。姜次官は午後0時40分ごろ、正門前道路に設置された演壇の前でブリーフィングを準備した。ブリーフィング前までは該当職員が演壇の右側(姜次官の左側)にしゃがんだ姿勢で傘を持っていた。ブリーフィングが始まるタイミングで、姜次官の背後に回って膝をついて傘を支えた。

過剰な儀典論争に対して、法務部は「当時、現場で写真・映像記者たちが(職員が画面に映らないようにしてほしいという)取材協力要請があった」と釈明した。映像にもブリーフィング開始瞬間、「もう少し座ってください」という現場取材陣の声が聞こえる。その瞬間、姜次官も職員のほうを向いた。また別の法務部関係者が「肩の下になるように姿勢をとって。画面に出ないように」とし、該当職員のそでを引く場面も捉えられた。職員は雨水に濡れたアスファルトに両膝をついたまま、ブリーフィングの間ずっと傘を捧げ持つような姿勢をとることになった。姜次官は結局謝った。

与党3選議員出身の朴範界(パク・ポムゲ)長官の行き過ぎた自己広報欲に対しても激しい批判世論が出ている。朴長官は26日午後、政府代表として仁川空港に行って人形を持ち、助力者家族を迎えるパフォーマンスを演出した。

法務部の一部関係者は「朴長官がアフガン特別機に乗ってきた女性を迎え、子どもたちに人形を手渡すところを撮影しなければ空港行事全体に対する取材を許可しない場合もある」という趣旨で圧迫し、取材陣とひと悶着あった。

朴長官は今年1月就任直後から「先任の長官と比較して、あまりにも頻繁にカメラの前に立っているのではないか」といううわさが多かった。「国民と疎通」という肯定的側面もあるが、“政治家”朴範界の株をあげようとする「ショー通」(見せるための疎通)という言葉も登場した。朴長官も2月24日、「私は法務部長官だが基本的に与党国会議員」と強調していたことがある。

7月14日、韓明淑(ハン・ミョンスク)前首相不法政治資金授受捜査チームに対する合同監察結果発表の時は「中身のない従来の無嫌疑判断を再確認する水準のブリーフィングなのに、なぜあえて法務部長官がマイクを取るのか」という批判が出てきた。今月9日、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長仮釈放発表時もマイクを持ち、異例の姿を見せた。

法務部勤務の経験が3度ある金鍾旻(キム・ジョンミン)元光州(クァンジュ)地検順天(スンチョン)支庁長(司法研修院21期)は「法務部から検事を全員追い出し、能力も意志もない人々で埋めた結果」とし「行事が法務部次元の企画なのか、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の総監督下に行われたのか、確認されなければならない」と付け加えた。一方では、法務部と検察の根深い過剰儀典文化が今回の一連の出来事の原因という分析も出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「あまりにも政治的」な韓国法務部長官…強すぎる広報欲が「人形長官」「傘次官」を招いた

    2021.08.30 10:01
    뉴스 메뉴 보기
    今月26日、防疫服を着た韓国法務部関係者が仁川(インチョン)国際空港に入国したアフガニスタン特別入国者などに人形を手渡している。この日法務部は、入国場面を取材する記者団に朴範界(パク・ポムゲ)法務部長官(左)の「人形伝達式」を撮影してほしいと要求した。[写真 YouTubeキャプチャー]
    TOP