주요 기사 바로가기

着物姿の和食店スタッフ、中国コロナ検査会場で入場拒否される…親日論争に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.24 15:18
0
23日、中国ソーシャルネットワーク(SNS)で着物親日論争が熱く繰り広げられている。事の発端は、先週末中国東南部の福建省アモイ(厦門)で着物姿の和食店女性スタッフが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)核酸検査会場から追い出される映像が流布しながらだ。女性スタッフを追い出した検査会場ボランティアメンバーは女性の着物服装を問題視したことが分かった。中国インターネットメディア「観察者網」はボランティアメンバーの対応が行き過ぎでいるというネットユーザーの反応のほうが多いと紹介し、日本文化に対する好き嫌いと「精日」(精神日本人の略語で親日派を称する中国式用語)は違うという過去の中国当局の判断を強調した。

◆厦門着物ハッシュタグ検索語3億7000万再生回数

24日午前、中国微博(ウェイボー、中国版ツイッター)で関連の検索語(#厦門女性着物核酸検査)は3億7000万再生回数を記録中だ。湖北省武漢市の党宣伝部直属のインターネットメディア「九派新聞」は23日、問題の着物映像を微博に掲載した。映像の中の女性は事故当日、着物を着て核酸検査会場を訪れた。胸に名札を付けているためすぐに和食店のスタッフだと区別することができそうだ。この女性を見たボランティアが近づき、「だめですだめです。この格好では入れません」として検査を拒否した。すると近くでボランティアは「こんな服を着てどこに出てくるのか。中国人ならば中国服を着なくては」と話した。近くにいた別の職員は「服を着替えてまた来て」と言って追い返すと、この女性は首を縦に振ってOKのジェスチャーをしながら帰っていった。

映像が公開されると中国ネットユーザーの反応は賛否に分かれて激論を戦わせた。あるネチズンは「良い時期がきて久しいが、いつ来たのか忘れるようだ」とし、女性を批判しながらボランティアをほめた。映像の中の女性は中国式親日派「精日分子」の烙印を押された。

◆日本でも中国伝統「漢服」を着るのに…

すぐに反論が起きた。あるネチズンのコメントが9万件余りの「いいね」を受けながらだ。彼は「日本の食堂は中国人客のために漢服(中国式伝統服装)を着ている。中国の和食店も客のために着物を着ることができる。原則云々して映像の中の女性を非難する必要はない」として着物女性の肩を持った。ホテルニッコー厦門の広報部責任者は「映像の中の女性は日航ホテルの和食店スタッフで、当時当局から核酸検査の通知を受けたが服を着替える時間がなくてそのまま行っただけで、いかなる政治的立場も代弁していない」と説明したと観察者網が報じた。

中国当局は2018年、親日の限界を明確にしている。当時共産主義青年団中央は公式微博に「日本漫画を読んで、日本料理を食べて、優れた日本文化が好きな行為は『精日』ではない。これは個人の合法的権利であり完全に正常な現象」としながら「中国が否定するのはこのような行動ではない」と発表した。

それでも中国の親日論争は終息したわけではない。最近8・15光復節(解放記念日)には武侠ドラマ『山河令』で人気を集めていた俳優の張哲瀚(30)が東京靖国神社で撮影した自分撮り写真が公開されて28件の広告契約が取りやめに追い込まれるなど事実上芸能界から追放された状態だ。

◆「親日」は日本軍国主義に限定

一般的に中国で「精日」は第2次世界大戦当時の日本軍国主義に熱狂する行為に限定されている。共青団は当時「自国と民族を冒とく・侮辱して他国が好きな行為は『興味』と『愛好』の範疇を超えている」と判断した。

今回のアモイ着物論争で、楊光張というIDのネットユーザーは「今回の論争を巡って、中国の極端民族主義感情が氾濫したと断定してはいけない」とし「日本文化は決して敵ではなく、民族主義感情は少数に利用されている」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP