주요 기사 바로가기

再び頭をもたげる北京五輪中止論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.19 16:05
0
東京夏季オリンピック(五輪)が終わると同時に北京冬季五輪中止論が浮上している。

北京冬季五輪は来年2月4日から20日まで17日間にわたって開催される予定だ。北京は2008年夏季五輪に続いて冬季五輪まで開催すれば2大五輪を開催する初の都市となる。

だが、最近北京冬季五輪開催を巡り中止論が台頭している。AFP通信は最近「中国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の再流行が始まった。イスラム系少数民族ウイグル人の人権問題を巡ってボイコットの声も依然とあり、順調に開催できるか不透明」と伝えた。

最近、世界的にデルタ株が猛威を奮っているが中国も例外でない。まだデルタ株による感染者はそれほど多くはないが、中国200カ所余りが危険地域に分類された。特に首都北京に広がることを防ぐために危険地域から来る交通便の移動を禁止している。

これに伴い、国際オリンピック委員会(IOC)も東京五輪のように無観客を考慮している。クリストファー・ダビIOC事務局長は「中国での新型コロナ拡大状況を見てから観客参加の有無を決める。選手は無観客競技場で競技することに慣れた」と話した。北京でウェブサイト「China Sports Insider」を運営しているスポーツアナリストのマーク・ドレイヤー氏は「大会開幕まで6カ月程度が残ったが、チケット販売・テストイベント日程など具体的に発表されたものがない」と指摘した。

五輪参加選手をどのように管理するのかも悩みの種になっている。米国オハイオ州マイアミ大学のボー・リー氏は「東京五輪に動員されたオリンピック競技場や宿泊地などを大きなバブルで覆い、外部と隔離するなどの戦略はある程度成功を収めた。北京でも同様の戦略を用いることができる」とした。しかし中国は現在、厳格な隔離措置を取っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP