주요 기사 바로가기

ホワイトハウス「ブラックホークヘリなど武器の相当量がタリバンの手に渡った」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.19 07:37
0
米ホワイトハウスは17日、過去にアフガニスタンに支援したヘリコプター「ブラックホーク」など武器・装備の相当数がタリバンの手に渡ったと認めた。

サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はこの日の会見で「すべての武器がどこに消えたのか明確に知ることはできないが、相当量がタリバンの手に渡ったのは確実だ」と話した。

サリバン補佐官は「6月にアフガニスタンのガニ大統領がホワイトハウスを訪問した時もこれを要請した。バイデン大統領はタリバンの手に渡る危険を考えて武器を与えないことも、自国を防衛できるという希望のために与えることもできたが、大統領にも難しい選択だった」と話した。サリバン補佐官は「アフガニスタンの女性と少女らが直面する負担を減らすために同盟・パートナーとともにあらゆる手段と影響力を動員して努力するだろう」と話した。

米国防総省のカービー報道官は、「カブール空港は米軍が統制している」としながらこの2日間の混乱を整理し軍の輸送機が人材を大規模に運び出していると明らかにした。米統合参謀本部のテイラー少将は「前日に約2500人の米軍がいたが夜中にC-17輸送機9機が装備と人材を補充し兵力が4000人に増えた」と話した。

ホワイトハウス関係者が現在アフガニスタンからの脱出を待つ米国人は最小1万1000人だと明らかにしたとCNNが伝えた。特別移民ビザプログラムで米国に行こうとするアフガニスタン人と家族は最小8万人だ。

米国防総省はこの日7機のC-17が米国人165人と米国を支援したアフガニスタン人、第三国の国民ら700~800人を乗せて離れたと明らかにした。救出作戦がスピードを出せば今後1日5000~9000人を輸送し、このため1時間に1機ずつ離発着できると期待した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ホワイトハウス「ブラックホークヘリなど武器の相当量がタリバンの手に渡った」

    2021.08.19 07:37
    뉴스 메뉴 보기
    サリバン米大統領補佐官
    TOP