주요 기사 바로가기

FRBより恐ろしいタリバン…世界的経済沈滞の恐怖でウォン急落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.18 07:55
0
韓国の金融市場でウォンと株価が連日下落傾向を見せている。17日のソウル外国為替市場でウォン相場は前取引日より7.3ウォンのウォン安となる1ドル=1176.30ウォンで取引を終えた。昨年9月15日の1179.0ウォンから11カ月ぶりの安値水準だ。取引時間中には一時1179ウォンまでウォン安が進んだ。外国人投資家の半導体関連株売りに、世界的な景気鈍化の懸念が大きくなりドルが上がった。米連邦準備制度理事会(FRB)が資産買い入れを縮小するテーパリングの計画を具体化し、早ければ年末からこれを始めるとの観測も安全資産選好心理を高めたとみられる。

外国人投資家はこの日KOSPI市場で4100億ウォン相当を売った。半導体代表銘柄であるサムスン電子だけで4575億ウォンを売り越した。外国人投資家は9日からこの日までKOSPIで6取引日連続売り越し、この期間に売った資金は7兆4574億ウォンに達する。NH投資証券のクォン・アミン研究員は「半導体業況鈍化に対する懸念が過度に反映されウォン下げ幅が大きかった」と分析した。外国人はこの日KOSDAQ市場でも760億ウォン相当を売った。外国人が韓国株を売りこの日の韓国総合株価指数は前取引日より0.89%(28.20ポイント)下落の3143.09で取引を終えた。8取引日連続下落で、5月17日の3134.52以来の安値水準だ。KOSDAQ指数は2.86%下落の1011.05で引けた。6月21日の1010.99以来の安値だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、FRBが来月の連邦公開市場委員会(FOMC)会議でテーパリング計画を公表し、11月からテーパリングに着手する可能性が大きいと16日に報道した。テーパリングのスピードも速いだろうという見通しが出ている。ボストン連邦準備銀行のローゼングレン総裁は同紙に「資産買い入れは来年中盤にすべて終了するだろう」と予想した。同紙は「早期テーパリングをすれば金利引き上げを繰り上げる余力ができる。FRBが市場の予想より資産買い入れを早期に終えた後、金利引き上げ準備に出るだろう」と予想する。

テーパリングの見通しにもこの日米10年物国債利回りは1.24%まで落ちた。米投資メディアのマーケットウォッチは「テーパリングが速まるというニュースより世界経済の成長停滞に対する懸念が大きい」と指摘した。4-6月期の米国の成長率は年率換算で6.5%となり、市場見通しの8~9%を大きく下回った。米国の主要投資銀行は米国の成長率が4-6月期にピークに達した後、急速に鈍化するとみる。資産運用会社ブラウン・アドバイザリーでポートフォリオマネージャーを務めるトーマス・グラフ氏は「この数週間の証券市場の状況を見れば経済沈滞に対する恐怖がテーパリングに対する恐れを凌駕している」と話した。

中国の実態景気鈍化傾向も変数だ。16日に発表された中国の7月の小売り販売増加率は8.5%を記録した。ロイター通信の見通し11.5%を大きく下回った。7月の産業生産も見通しの7.8%より低い6.4%にとどまった。先月の豪雨とデルタ株の感染拡大が主要原因だ。世界最大の物流量を処理する中国浙江省の寧波舟山港も最近一時閉鎖された。マーケットウォッチは「中国最大の貨物港の停滞減少深化は供給網の支障につながりかねない」と指摘した。特に東南アジアを中心にデルタ株の感染拡大でアジアが世界経済回復の足を引っ張るまた別の信管になりかねないとの見通しまで出ている。

タリバンのアフガニスタン掌握も潜在的不安要因だ。「アフガンリスク」が米バイデン政権が推進している1兆ドル規模のインフラ法案と3兆5000億ドル規模の予算案通過に障害になりかねない。イートレード・フィナンシャルのクリス・ラーキン氏は「デルタ株、他の国々の弱い成長、アフガニスタン事態が投資家を脅かしているという懸念を否定することはできない。短期的変動性に注意しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP