주요 기사 바로가기

光復会会長、保守野党勢力に対して「親日勢力」…分裂の8・15

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.16 08:34
0
韓国の独立運動家とその家族でつくる「光復会」の金元雄(キム・ウォヌン)会長が15日、光復節(解放記念日)の記念演説で、保守野党圏を事実上親日勢力と規定して「朝鮮総督府大韓民国法の正統」と非難した発言が論争になっている中で、このような発言が青瓦台(チョンワデ、大統領府)・韓国政府の事前調整が行われていたことが明らかになった。この日、金会長の記念演説は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)状況を反映して事前に録画されたが、当時大統領行事を主管する卓賢民(タク・ヒョンミン)儀典秘書官など青瓦台関係者が参観したと複数の政府消息筋が伝えた。

この日午前10時から旧ソウル駅舎(文化駅ソウル284)で行われた光復節慶祝式は、新型コロナ防疫を理由に歴代最小規模で行われた。行事場所で祝辞を直接読み上げた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とは違い、金会長の記念演説は今月13日、白凡(ペクボム)金九(キム・グ)記念館で事前に収録された。

金会長は記念演説を通じて、「初代内閣は独立活動家を一人ずつ除去し、親日派内閣だったとしても過言ではなかった」とし「われわれ国民は独立運動の延長線上で親日政権と相対して戦った」と主張した。

金会長は続いて、事実上保守野党圏を狙ったように「民族離反の対価として形成された親日資産を国庫に帰属させる方法の制定に反対した勢力、光復節を廃止して建国節を制定しようという勢力、親日教科書を作って未来世代に教えようという勢力、このような勢力は大韓民国法の正統が臨時政府ではなく朝鮮総督府にあると信じている」と主張した。演説の最後には「民族正統性の軌道を離脱してきた大韓民国は目覚めた国民の力で本来の軌道に進入し始め、ここでひざまずけば再び起き上がることはできない」と付け加えた。

ところが複数の政府消息筋によると、このような金会長の記念演説内容は政府側と事前調整を経た。ある政府消息筋は「金会長記念演説は事前収録前に光復会から草稿を受けて協議した後、一部の内容を修正して確定した」と伝えた。この消息筋は「光復節慶祝式が大統領行事である以上、事前収録現場には卓儀典秘書官ら青瓦台関係者も出席して収録を見守った」と話した。

また別の消息筋は「金会長が李承晩(イ・スンマン)前大統領と愛国歌を作曲した安益泰(アン・イクテ)を親日派だと名指した昨年の光復節記念演説の場合、行事場所で起きた突発的な出来事だったと言うことができるが、今回は事前収録ではないか」とし「来年大統領選を控えて、事実上の事前選挙運動という批判を避けるのは難しいだろう」と指摘した。昨年金会長の記念演説が論争を呼ぶと、当時青瓦台関係者は「光復会長としての立場と考えを明らかにしたものであり、青瓦台とは関係がなく、事前に干渉したことはない」と説明した。

この日の金会長の祝辞は文大統領の祝辞とも対照的だ。文大統領は「韓国政府は両国の懸案だけでなく、コロナや気候危機など世界が直面した脅威に共同対応するための対話の扉を常に開いている」として、日本と対話を通じ問題を解決する準備ができているという点を強調した。

野党「国民の力」と大統領候補は反発し、金会長の即時辞任を求めた。国民の力のシン・インギュ常勤副報道官は論評で「毎年繰り返される妄言を放置し、国民分裂をほう助した文大統領にも根本的な責任がある」とし「光復会が国民を二分させようとする形態をこれ以上放置しないで、国家報勲処を通じて光復会長席から退かせなければならない」と話した。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長キャンプのキム・ビョンミン報道官は「希望と未来、統合と和解を夢見るべき光復節に金会長は今年も間違いなく歴史的派分けの先鋒に立った」と批判した。崔在亨(チェ・ジェヒョン)元監査院長キャンプは「ほぼ独立活動家で構成された李承晩(イ・スンマン)内閣は無理やり蔑視し、北朝鮮の親日内閣には口を閉じる理由は何か」と指摘した。

劉承ミン(ユ・スンミン)前議員キャンプは「保守野党を親日勢力に追い込んで誹謗する該当文章を青瓦台が指示して撮影会場を監視したということではないのか」としながら「直ちに懲戒しない場合、金会長の発言は文大統領の意向だと受け止める」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    光復会会長、保守野党勢力に対して「親日勢力」…分裂の8・15

    2021.08.16 08:34
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正淑(キム・ジョンスク)夫人が15日、ソウル中区(チュング)文化駅ソウル284(旧ソウル駅舎)で開かれた第76周年光復節(解放記念日)慶祝式で出席者と共に万歳三唱をしている。前列一番左は光復会の金元雄(キム・ウォヌン)会長、2番目の列の右から野党「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)代表、与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表、野党「正義党」の余永国(ヨ・ヨングク)代表。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP