주요 기사 바로가기

韓国政府「日本指導者が靖国参拝を繰り返す、深い失望・遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.16 07:24
0
日本の閣僚が太平洋戦争終戦日(敗戦日)である15日にA級戦犯が合祀された靖国神社を参拝したことに対して、韓国政府が遺憾を表明した。

韓国政府はこの日、外交部報道官の論評を通じて「日本は過去の侵略戦争を美化し、戦犯が合祀されている靖国神社に日本政府の指導者が再び供物料を奉納して参拝を繰り返したことに対して深い失望と遺憾を表す」と明らかにした。

続いて「日本の責任ある人々が歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すことを求める」とし「このような姿勢が基盤になるとき、未来志向的な韓日関係を構築して、周辺国の信頼を得る可能性があることを指摘する」と強調した。

共同通信などによると、この日菅義偉首相は靖国神社に参拝する代わりに供物を奉納し、安倍晋三前首相は靖国神社を訪れて参拝した。

現職閣僚の中では小泉進次郎環境相と萩生田光一文科相、井上信治万博相がこの日靖国神社を訪れた。

13日には岸信夫防衛相と西村康稔経済再生担当相が靖国神社を参拝した。これに対して韓国外交部は在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を招致して厳重抗議した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府「日本指導者が靖国参拝を繰り返す、深い失望・遺憾」

    2021.08.16 07:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)
    TOP