주요 기사 바로가기

「中国、WHO報告書から『武漢研究所』除けと圧迫」調査団が暴露

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.15 09:55
0
世界保健機関(WHO)の調査団の一員が今年初めに中国で新型コロナウイルスの起源を調査した当時、中国側の反対から「武漢研究所」が報告書に含まれなかったと暴露した。

ウォール・ストリート・ジャーナルなどが13日に伝えたところによると、WHO調査団を率いたピーター・ベン・エンバレク博士が前日にデンマークの公営放送TV2で放映されたドキュメンタリー『ウイルス・ミステリー』で、WHO共同報告書作成の背景を明らかにした。その上で武漢研究所からの流出に対する可能性も言及した。

WHOは3月に中国で4週間にわたる調査を終えた後、「新型コロナウイルスが中国の実験室から流出した可能性は極めて低い」と共同報告書を通じて発表した。

だがこの日の放送でエンバレク博士は「初めに中国側は報告書に実験室と関連したいかなる内容も含まれることを望まなかった。しかし私たちはその内容がウイルス起源に関連した問題の一部だったため報告書に含めるべきと主張した」と明らかにした。

その上で「48時間にわたる議論の末に中国研究チームは該当内容に言及することで一歩後退したが、代わりにその仮説と関連して追加研究を進めないよう勧告することを条件に掲げた」と付け加えた。

エンバレク博士は以前にWHOが一蹴した武漢研究所からの流出の可能性に言及した後、「コウモリと相互作用する実験室スタッフが最初の感染者である可能性が大きい。現場でサンプルを採取し偶然に感染したスタッフが武漢にウイルスを持ち込んだという仮説は可能性があるシナリオ」と話した。

続けて、「これはウイルスが実験室から流出したということとコウモリから感染したという2種類の仮説をともに充足する。中国の研究者らと対話している間に実験室が2019年12月に移転されたことを知ったが、興味深いことにこの時期に新型コロナウイルスが始まった」と話した。

彼は「WHOの報告書で『可能性が極めて低い』という結論は『可能性がない』という意味ではない。武漢疾病管理予防センターで運営する実験室と関連してより多くの情報を探さなければならない」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP