주요 기사 바로가기

パンデミック以降、米国でアジア系への攻撃9000件超…韓国系16.8%、日系8.6%

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.13 11:13
0
米国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大以降、アジア系に対して誹謗中傷を浴びせたり暴力を加えたり、唾を吐いたりする事件が9000件以上報告されたことが分かった。

アジア・太平洋諸国系米国人(AAPI)に対する嫌悪防止活動を行う米国団体「ストップAAPIヘイト(Stop AAPI Hate)は12日(現地時間)、「昨年3月から今年6月まで、アジア系を狙った事件の被害申告が9081件あった」と明らかにした。

申告事例の中には言語的嫌がらせが63.7%で最も多く、無視する場合が16.5%、身体的攻撃は13.7%だった。被害者に対してせきをしたり唾を吐いたりする事例も8.5%あった。被害者は中国系が43.5%で最も多く、次いで韓国系16.8%、フィリピン系9.1%、日系8.6%、ベトナム系8.2%と集計された。

申告事例のうち63%は女性が被害者だった。同団体の共同設立者マニューシャ・クルカルニ(Manjusha P. Kulkarni)氏は「人々が人種主義や女性嫌悪について考えることを拒否する状況とも同じ」としながら「彼らは現実を見つめることを拒否している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パンデミック以降、米国でアジア系への攻撃9000件超…韓国系16.8%、日系8.6%

    2021.08.13 11:13
    뉴스 메뉴 보기
    先月25日、ニューヨーク都心で韓国系の20代の女性が黒人の女から「英語で話せ」と言われ暴行される事件が発生した。現地警察はこの女を公開手配した。[ニューヨーク警察 キャプチャー]
    TOP