주요 기사 바로가기

北朝鮮、午前には「在韓米軍撤収」主張し午後には通信線切った(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.11 09:43
0
北朝鮮が韓米合同演習の事前演習を始めた10日に在韓米軍撤収を公開要求したのに続き、軍通信線と南北共同連絡事務所チャンネルを通じた定期通話に応じなかった。韓米が事実上合同演習を始めたことに対する不満を示したものとみられる。

朝鮮労働党の金与正(キム・ヨジョン)副部長はこの日談話で、「朝鮮半島に平和が訪れるには、米国が南朝鮮(韓国)に展開した侵略武力と戦争装備から撤去しなければならない。米軍が南朝鮮に駐屯する限り、朝鮮半島情勢を周期的に悪化させる禍根は絶対に除去されないであろう」と主張した。韓米軍当局はこの日下半期合同演習の事前演習に当たる危機管理参謀訓練(CMST)に入った。金副部長の「米軍が禍根」という談話はこうした合同演習日程に合わせて対南威嚇をしながら出てきた。北朝鮮がこれまで各種宣伝媒体や外務省軍縮平和研究所報告書(昨年6月25日)などを通じて在韓米軍撤収に言及したことはあるが、金副部長が公開的に要求したのは初めてだ。

特に金副部長はこの日、「委任によって発表する」と明らかにし、談話が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の指示であることを明確にした。金委員長が先月27日に南北通信線復旧に出た後、文在寅(ムン・ジェイン)政権に向け差し出した請求書として韓米合同演習中止を超え在韓米軍撤収要求まで準備したことを示している。今後北朝鮮が韓米に向け対北朝鮮敵対視政策放棄の内容として対北朝鮮制裁解除以外にも在韓米軍撤収を全面に掲げる可能性を開いた。

金副部長は「南朝鮮当局者らの背信的な行為に強い遺憾を表明する」と明らかにした。続けて「必ず代償を払うことになる自滅的な行動である。われわれの重なる警告を無視して強行する米国と南朝鮮側の危険な戦争演習は、必ず自らをより重大な安保脅威に直面させるであろう」と警告した。これは軍事的挑発の可能性を示唆したものとの懸念が出ている。これに先立ち朴智元(パク・チウォン)国家情報院長は3日の国会情報委員会で「韓米合同演習を予定通りに実施すれば北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射するなどの挑発の可能性がある」と話した。

◇金与正「韓米戦争演習、安保脅威に直面するだろう」挑発示唆

国家安保戦略研究院長を務めた梨花(イファ)女子大学北朝鮮学科のチョ・ドンホ教授は「北朝鮮はこれまで非公開で進められた交渉で、米朝関係改善、対北朝鮮制裁解除、米軍撤収などを主張した。在韓米軍撤収の主張を公開的に出したのは、定期的に開かれる合同演習を根本から封じようとする試みであり、南北または米朝交渉が開かれる場合にこの問題を直接取り上げるという予告弾かもしれない」と分析した。

在韓米軍撤収は韓米軍事同盟の解体を意味するだけに、今後の非核化交渉に難題が追加された。韓米軍事同盟の核心は在韓米軍が韓国防衛のトリップワイヤーであると同時に、北東アジアで中国・ロシアの南進を牽制する役割をしてきたということだ。北朝鮮の在韓米軍撤収要求はこうした北東アジアの秩序を崩そうというもので、最小限北朝鮮の核開発放棄と対南赤化統一放棄を前提としなければならない要求事項だ。 北朝鮮、午前には「在韓米軍撤収」主張し午後には通信線切った(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、午前には「在韓米軍撤収」主張し午後には通信線切った(1)

    2021.08.11 09:43
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮労働党の金与正(キム・ヨジョン)副部長
    TOP