주요 기사 바로가기

韓国前検察総長の支持率が下落傾向に…福島失言・国民の党代表との葛藤のせいか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.10 07:37
0
韓国野党・国民の力の大統領候補である尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長と崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長は脱原発政策に反対して現政権に対抗したことを政治参加のきっかけだと説明する。二人は政治参加宣言後、脱原発の主張も続けた。

だが、脱原発政策に対する過激な反対は経済的・論理的に正しい方向だといっても選挙技術的には必ずしも得になる戦略ではないという声も政界の一部から出る。国民のほとんどは原発に対して効率性というメリットと危険性というデメリットを同時に感じる二重的な感情を持っているためだ。

2019年5月韓国原子力学会がまとめた「原発に対する認識調査(第4回)報告書」によると、調査対象の72.3%が原発に賛成し、反対は25.2%に過ぎなかった。反面「国民の生命と財産に大きな危険を及ぼす重大事故が起こり得る」という原発のデメリットに対する回答も72.9%に達した。

政界では尹前総長の「福島原発発言」が論議を呼んだのもこのような国民感情と関係があるとみている。尹前総長は4日、釜山(プサン)日報とのインタビューで「福島原発は爆発したのではない。そのため、放射能流出は基本的になかった」と言って大きな論議を呼んだ。

実際、最近尹前総長の支持率が下落傾向だ。TBSの依頼で6~7日調査を実施して韓国社会世論研究所(KSOI)が9日発表した次期大統領候補適合度調査で、先週に比べて4%ポイント下落した28.3%となった。先月30日、国民の力入党後に発表された2日調査で5.4%ポイント上昇して享受した「入党効果」をほぼ返上したわけだ。韓国ギャラップが3~5日調査して6日に発表した調査でも、1カ月前の調査に比べて6%ポイント落ちた19%だった。

尹前総長の支持率下落に対して、政界では福島失言が大きな影響を及ぼしたうえに、不正食品、フェミニズムなど相次いだ不適切な発言と李俊錫(イ・ジュンソク)代表との葛藤などの様々な要因が働いたとみている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国前検察総長の支持率が下落傾向に…福島失言・国民の党代表との葛藤のせいか

    2021.08.10 07:37
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長
    TOP