주요 기사 바로가기

金応竜元監督「韓国野球は気を引き締めるべき…驕りがあった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.09 10:43
0
韓国野球代表が2020東京オリンピック(五輪)で最悪の競技力を見せた。敗色濃厚となった状況で、姜白虎(カン・ベクホ)がベンチで試合をあきらめたように口からガムをたらしながら噛んでいた場面は多くのファンから非難を受けた。韓国野球の生き証人、元大韓野球ソフトボール協会(KBSA)会長で元韓国代表監督の金応竜(キム・ウンヨン)氏(80)も「いろいろと反省すべきことが多い」と批判した。

9日の聯合ニュースによると、金氏は「今大会は日本ばかりを考えて気が抜けた感じだった」とし「最後の2試合(米国との敗者準決勝、ドミニカ共和国との3位決定戦)を見ながらファンはかなり失望したはず」と語った。

そして「過去の野球代表は国際大会で必死にやっていた」とし「韓国は米国や日本など他国との実力の差があるのは事実だが、これまでは精神力で歯をくいしばりながらやってきた。ところが今回はそのような姿が消えたようだ」と指摘した。

続いて「東京五輪の試合を見て胸が痛んだ」とし「選手と指導者、韓国野球委員会(KBO)は多くの反省をすべき」と強調した。

2008年北京五輪に続く大会2連覇を目標にしていた韓国代表は今大会で3勝4敗、参加6カ国のうち4位というみすぼらしい成績で大会を終えた。東京五輪開幕直前に韓国代表の数人がソウル江南(カンナム)のホテルで一般の人たちと一緒に酒を飲んだ事実が明らかになり、激しい非難を浴びた。

金氏は「最近は小学生も練習をする時にマスクを着用している」とし「子どもたちは猛暑の中で汗を流しながら防疫守則を守っているが、プロ選手は間違った行動をした」とし「KBOも再発防止のために厳しい懲戒処分をすべきだったが、そうしなかった」と話した。続いて「そのような状況で五輪に出て行った。驕りを持って臨んだのと変わらない」と指摘した。

金氏は「KBOもチームを引き締める必要がある」とし「構成員の中に問題がある人がいれば再発防止のために厳しく処断しなければいけない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金応竜元監督「韓国野球は気を引き締めるべき…驕りがあった」

    2021.08.09 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    東京五輪3位決定戦で沈んだ雰囲気の韓国ベンチ [五輪写真共同取材団]
    TOP