주요 기사 바로가기

外信「金メダル取っても家に帰りたい…歴代最も奇妙な五輪」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.09 10:27
0
「歴史上最も奇妙だったオリンピック(五輪)」「成果を上げたギャンブル」…。

8日に幕を下ろした2020東京オリンピック(五輪)に対する外信の評価だ。外信は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の懸念の中で行われた今大会を「歴代最も奇妙なスポーツ行事だったが、選手たちがドラマとエネルギーを作り出した」と総評した。

◆BBC「歴代最も論争的なスポーツ行事」

AP通信は東京五輪が「上手にやれば中間、できなければ災難」という予想の中で出発したと指摘し、「数万件の新型コロナ検査、選手の精神健康に対する懸念などあらゆることが入り乱れた非現実的な五輪」だったと評価した。

米国のニューヨーク・タイムズは「金メダルを取った選手でさえ、早く家に帰りたいと思うほど、懸念に満ちた五輪だった」とした。英国のBBC放送は「現代史で最も論争的なスポーツ行事の一つ」と強調した。引き続き「今大会はいつまでも『コロナ五輪』と記憶されるだろうし、『成果を上げたギャンブル』だった」とし「今回の五輪を強行したことが賢明だったかどうか、ちゃんとした評価を受けるためには時間が必要だ」と指摘した。

◆亡命、精神健康…前代未聞の場面も

ロイター通信は「前代未聞の場面が続出したのも今回の五輪の特徴」と評した。特に、ベラルーシ短距離陸上選手のクリスチナ・チマノウスカヤ(24)の亡命事件を最も奇妙な場面に挙げた。チマノウスカヤは予定になかった1600メートルリレーの出場を控えて自国の陸上チームを批判したため、強制的に帰国させられるところだった。その後、人道主義ビザの発給を受けてポーランドに発った。チマノウスカヤはインタビューで「ベラルーシにいる家族が、私が帰国すれば安全ではないことを懸念していたので亡命を決めた」と話した。

米国の体操女王、シモーン・バイルス(24)が精神的圧迫感を訴えて団体戦の競技などを中途棄権したのも特異な点だと言及した。当初バイルスは今大会で女子器械体操にかかっていた金メダル6個を席巻するだろうと期待を集めていた。バイルスは次々に棄権を宣言したが、最後の平均台決選で銅メダルを獲得した。バイルスは「自分のためにやり遂げ、競争した自分自身が誇らしい」と話した。

◆激しい勝負ではなく共同金メダル、10代選手が活躍

選手たちが作った「ドラマ」もあった。ロイター通信は男子陸上走高跳びの共同金メダルが観客の記憶に長く残るだろうと言及した。ムタ・エッサ・バーシム(カタール)とジャンマルコ・タンベリ(イタリア)はなかなか決着がつかないので審判に「共同金メダルも許容されるか」と尋ね、審判が首を縦に振ると手を取り合って子供のように喜んだ。

この他にも、新規種目であるスケートボードで見せた10代選手の活躍、58個のメダルを獲得して自己最高成績を収めた開催国日本の成果も今回の五輪の名場面に選んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    外信「金メダル取っても家に帰りたい…歴代最も奇妙な五輪」

    2021.08.09 10:27
    뉴스 메뉴 보기
    8日、東京オリンピック(五輪)スタジアム(新国立競技場)で開かれた2020東京五輪閉会式で花火が打ち上げられている。[写真 東京=オリンピック写真共同取材団]
    TOP