주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国野球選手の「ガムくちゃくちゃ」に…金監督「本人も気づいていなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.09 08:26
0
東京オリンピック(五輪)を終えて8日午後に仁川(インチョン)国際空港に到着した韓国野球代表の金卿文(キム・ギョンムン)監督(63)は、姜白虎(カン・ベクホ、22)が試合中にベンチでガムを口から出しながら噛んでいたことについて釈明した。

金監督は「野球界のいろいろと良くない点ばかりが浮き彫りになっている」とし「姜白虎に尋ねたが、試合中に逆転される瞬間、自分がどのような行動をしていたかに気づいていなかった。先輩や指導者が教えて注意すればよい」と話した。

金監督は5日、米国と敗者準決勝で敗れた後、公式記者会見で「金メダルを取れなかったが、大きな失望はない」と述べたことについても説明した。

金監督は「五輪に行くのに金メダルを取りたくない人がいるだろうか」とし「13年前もそうだったように選手たちと1試合1試合をしていくうちに目標が達成されるのであって、私が選手らに金メダルを取ると話せば選手の負担はどれほど大きいだろうか」と話した。続いて「全くそのような意味ではなかった」とし「私たちは試合に負けてつらかったが、そのような内容を聞いてまた胸が痛んだ」と語った。

金監督はこの日、インタビューの前後に「申し訳ない」という言葉を繰り返した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国野球選手の「ガムくちゃくちゃ」に…金監督「本人も気づいていなかった」

    2021.08.09 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    7日、東京五輪野球3位決定戦のドミニカ共和国戦で、5回裏二死一、二塁から逆転打を放って喜ぶ韓国の姜白虎(カン・ベクホ)。 横浜=五輪写真共同取材団
    TOP