주요 기사 바로가기

37年後退した韓国の「スポーツ国力」…メダル20個でランキング16位、1984年LA大会は19個で10位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.09 07:28
0
韓国が東京オリンピック(五輪)で20個のメダルを獲得して大会を終えた。これは19個のメダルを取った1984年ロサンゼルス五輪以降37年ぶりの最小メダルの記録だ。

韓国は今回の大会で金メダル6個、銀メダル4個、銅メダル10個を獲得した。84年ロサンゼルス大会では金メダル6個、銀メダル6個、銅メダル7個を取った。

金・銀・銅メダルを通じて非公式集計を行う国別ランキングでも韓国は16位に落ちた。ニュージーランド(金7、銀6、銅7)、キューバ(金7、銀3、銅5)、ハンガリー(金6、銀7、銅7)が韓国をリードした。ロサンゼルス大会では、メダルの総数は19個で、今回の大会より1個少なかったが、総合ランキングでは世界10位だった。

開催国である日本は金27個、銀14個、銅17個で、計58個のメダルを獲得して米国(金39、銀41、銅33)、中国(金38、銀32、銅18)に続いて3位にのぼった。

韓国は1984年ロサンゼルス大会で日本よりメダルの獲得でリードして以来、2012年ロンドン大会までただ一度も後れをとらなかった。

だが、日本が東京五輪誘致後、メダルの獲得に総力を挙げて2016年リオデジャネイロ大会の形勢が逆転された。当時、韓国は総合順位で8位、日本は6位だった。

今回の五輪で韓国はアーチェリーで4個の金メダルを獲得して体面を保った。レスリング、柔道など過去韓国が金メダルを取った闘技種目では最近劣勢となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    37年後退した韓国の「スポーツ国力」…メダル20個でランキング16位、1984年LA大会は19個で10位

    2021.08.09 07:28
    뉴스 메뉴 보기
    23日、東京オリンピックスタジアムで開かれた2020東京オリンピック開会式で韓国選手団が入場している。[写真 東京=オリンピック写真共同取材団]
    TOP