주요 기사 바로가기

「米情報当局、中国武漢研究所のウイルス極秘データ入手した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.06 15:04
0
米国情報当局が中国武漢研究所のウイルスサンプルの遺伝子データを入手して分析中だと米CNNが5日(現地時間)、報じた。今回の分析で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の武漢研究所起源説を裏付ける証拠を探し出せるかがカギだ。

CNNはこの件に精通した複数の消息筋を引用して最近米情報機関が武漢研究所で扱ったウイルスサンプルの膨大な遺伝子データを入手したと伝えた。情報分析のためにエネルギー省傘下の国立研究所のスーパーコンピュータと政府研究機関17カ所を動員している。多く量の専門的資料を分析しなければならず、中国語が可能な専門家が参加しなければならないだけに容易ではない作業という。

今回の分析で新型コロナウイルスの実験室流出の有無など伝染病起源の糸口を突き止めることができるだろうと研究陣は期待している。米情報当局がいつ、どのような方法で武漢研修所の遺伝データを入手したのかは明らかにされなかった。ただし、ある消息筋はCNNに「武漢研究所のウイルス遺伝子情報を生成して処理する装置は通常外部のクラウド基盤コンピュータサーバーに接続されている」と話した。ハッキングを通した情報入の手可能性があるということだ。

米政府内外では中国武漢研究所で研究されていた2万2000種のウイルスサンプルとその遺伝子情報を入手するために努力してきた。しかし2019年9月、中国当局は関連情報をインターネットから削除し、中国は初期新型コロナ感染事例に対する情報とその他原始データを世界保健機関(WHO)に渡さないでいる。

ただし米政府の今回の研究は新型コロナの武漢研修所起源説を確定することよりも事実の有無に対する科学的究明を行うためだとCNNは伝えた。

新型コロナ発生したばかりのころ、トランプ米政府と一部共和党員は武漢研究所起源説に何度も言及していた。反面、多くの科学者は動物による自然由来説のほうを有力視してきた。しかし、動物→人間に伝染する過程は依然と明らかにすることができないでおり、宿主動物も不明な状況だ。

民主党はパンデミック序盤、武漢研究所起源説にそれほど信憑性を付与するような雰囲気ではなかった。最近、客観的な究明を掲げて本格的な研究に入ったジョー・バイデン政府の態度は慎重だが確実に変化した温度の違いを反映する。

今回の研究は、バイデン大統領が5月末に新型コロナの起源を究明するために情報機関に90日間の追加調査を指示したことに伴うものだ。

これに先立ち、バイデン大統領は3月にジェイク・サリバン国家安全補佐官に新型コロナ起源分析報告書を準備するよう指示した。2カ月後に提出された報告書には自然由来説と実験室流出説の2つのシナリオがどちらも含まれていたという。バイデン大統領は「確実な結論に到達するには情報が不充分」とし「追加分析が必要だ」と指示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP