주요 기사 바로가기

韓国政府、「国産ワクチン、来年上半期開発」…第1号はSKバイオの合成抗原ワクチン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.06 09:33
0
韓国政府が2025年までに世界ワクチン生産5位の国に成長するという計画を明らかにした。今後5年間2兆2000億ウォン(約2116億円)を投じる。また、国産新型コロナワクチンを来年上半期までに開発するという目標を提示した。政府は当初、国産ワクチンを年内に開発すると明らかにしたが、目標時点が先送りされた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で主宰した「K-グローバルワクチンハブ化ビジョン・戦略報告大会」で「2025年までに世界ワクチン生産5大強国に飛躍する」と明らかにした。また「政府はワクチンを半導体、バッテリーとともに3大国家戦略技術分野に選定し、今後5年間2兆2000億ウォンを投じる計画」と話した。政府はこのような目標達成のために▼国産新型コロナワクチンの迅速な開発▼グローバル生産協力の拡大▼グローバルワクチンハブ基盤の迅速な構築--など3大戦略を集中的に進めることにした。

政府は国産ワクチンの開発を急いでワクチンの自主権を確保するという目標を明らかにした。文大統領は「今月中に国内企業が開発したワクチンが第3相に進入する予定であり、来年上半期まで国産第1号ワクチンの商用化が期待されている」と話した。また「次世代ワクチンであるmRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチン開発も速度を上げている。生産核心技術の国産化が進んでおり、今年中に臨床試験への進入も表面化している」として資金支援、原副資材の国産化、特許分析支援など全方向で支援すると明らかにした。また、この日に発足した「グローバルワクチンハブ化推進委員会」に「たとえ遅れるといっても今回の機会にmRNAワクチンまで必ず開発して完了するという覚悟を持ってほしい」と呼びかけた。

権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官はこの日、ブリーフィングで「現在7社が臨床試験を進めており、下半期から段階的に臨床第3相に入るものと予想される」として「特に、SKバイオサイエンスは6月末第3相の試験計画を申請し、8月から第3相の推進を通じて来年上半期の商用化をめどに開発している」と説明した。今年1667億ウォンを投じて第3相の費用を集中的に支援することにした。SKバイオが開発している新型コロナワクチンはノババックスのような合成抗原方式だ。B型肝炎ワクチンなどに長い間使ってきた方式だ。モク・ヒョンサン国家新薬開発事業団長は「新型コロナパンデミックにおいては各種変異株に対する対応などを考えると、様々な形態のプラットホーム(方式)を利用したワクチンを持ってこそさらに安全なワクチンへの対応が可能になると考える」と話した。 韓国政府、「国産ワクチン、来年上半期開発」…第1号はSKバイオの合成抗原ワクチン(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、「国産ワクチン、来年上半期開発」…第1号はSKバイオの合成抗原ワクチン(1)

    2021.08.06 09:33
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP