주요 기사 바로가기

<東京五輪>野球韓日戦、なぜ呉昇桓でなく高祐錫だったのか…余裕のない日程が生んだブルペン運営

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.05 11:30
0
ゆとりのない試合日程は投手交代をためらわせた。

金卿文(キム・ギョンムン)監督率いる韓国野球代表チームは4日に横浜スタジアムで行われた東京五輪野球準決勝の対日本戦に2-5で敗れた。5日の米国戦の結果により決勝戦での「リターンマッチ」が実現する可能性もある。金メダルを獲得する機会が完全に消えたのではない。だが2008年の北京大会から13年ぶりの五輪韓日戦に敗れプライドに大きな傷を負った。

かみしめるべき場面は決勝点が出た8回だ。韓国代表チームは2-2で迎えた8回裏に登板した高祐錫(コ・ウソク)が1アウトから柳田悠岐に左前安打を打たれた。続く近藤健介を一塁ゴロに誘導し一塁走者の柳田は二塁でアウト。だが一塁のカバーに入った高祐錫がベースを踏めず併殺打につながらなかった。ぐらつく高祐錫は2死一塁で村上宗隆の打席でワイルドピッチまで犯した。韓国ベンチは村上に申告敬遠を選択し一塁を埋めた。ところが高祐錫は甲斐拓也まで四球で送り出し満塁の危機を自ら招いた。交代のタイミングとみられた。

ところが韓国ベンチは動かなかった。中継画面に捕えられたブルペンでは崔源峻(チェ・ウォンジュン)と金晋旭(キム・ジンウク)程度が体をほぐしていた。登板が予想された呉昇桓(オ・スンファン)は見えなかった。結局高祐錫は山田哲人に3点二塁打を許し金晋旭と交代した。結果的に一歩遅い投手交代が敗因だった。

試合後に金監督は「あすを考えないわけにはいかなかった」と話した。韓日戦で勝利すれば2日の休息後の7日に決勝戦を行うことができた。だが敗れればすぐ翌日の5日に敗者復活戦があり、ブルペンの消耗を抑えなければならなかった。チョ・サンウ(投球数24)と高祐錫を全部使った状況のため呉昇桓を最大限出し惜しむほかなかった。勝利に向けてはすべてを投入しなければならなかったが現実的な困難が伴った。金監督は「8回を高祐錫が終わらせてくれればという望みだった」とした。

韓国代表チームは先月29日に始まった予選リーグから1週間に5試合を消化した。試合日程にゆとりがないためブルペンにかかる負担も大きい。チョ・サンウはすでに4試合に出場し、高祐錫も3試合に登板した。総力戦は容易ではない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>野球韓日戦、なぜ呉昇桓でなく高祐錫だったのか…余裕のない日程が生んだブルペン運営

    2021.08.05 11:30
    뉴스 메뉴 보기
    4日に横浜スタジアムで行われた東京五輪野球準決勝の韓国対日本戦。8回裏2死で高祐錫が3失点を許し悔しさをにじませた。[写真 五輪写真共同取材団]
    TOP