주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓国の「ロジンアピール」に伊藤大海「打者にボール当たる方が危険」

ⓒ 中央日報日本語版2021.08.05 11:27
0
日本野球代表の伊藤大海が韓国側の「ロジンアピール」に対する立場を明らかにした。

伊藤は4日、東京オリンピック(五輪)の野球準決勝の韓国戦で日本の3番手で登板、2イニングを1安打1四球の無失点に抑え、日本の5-2の勝利に貢献した。

その伊藤に対して7回表二死の場面で、韓国代表の朴海旻(パク・ヘミン)が「投球するたびにロジンを付けすぎるので白い粉でボールが見えにくい」とアピールする場面があった。

伊藤は試合後、ツイッターで「バッターはグリップにスプレーも許され、防具も着けることが出来ます。投手はグラブのみ。僕は手汗が凄く出るのでロジンを沢山触ります」とし「万が一、滑って抜けたボールが打者に当たってしまう方がよっぽど危険で、ルール的にはフェアだと考えています」とコメントした。

さらに「打者が見えづらいのであれば、一度、ユニフォームで粉を叩くなど、投手側の配慮も必要だと思いました」と書いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓国の「ロジンアピール」に伊藤大海「打者にボール当たる方が危険」

    2021.08.05 11:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓国野球代表の朴海旻(パク・ヘミン)
    TOP