주요 기사 바로가기

シンガポール首相「米、敵国『中国』がどれだけ恐ろしいかよく知らない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.05 07:48
0
シンガポールのリー・シェンロン首相が「米国は中国を敵とみなす時にどれだけ恐ろしい敵国になるのかよく知らないようだ」として米国の対中強硬路線に対し警告のメッセージを送った。特に彼は米中間の衝突が世界には災難になりかねないと警告した。

AFP通信が3日に伝えたところによると、リー首相は米シンクタンクが主管したアスペン安全保障フォーラムで米国の対中強硬論は「非常に危険なことかもしれない」としてこのように話した。リー首相は「シンガポールの国父」と呼ばれ26年間執権したリー・クワンユー初代首相の長男だ。

リー首相は米国が中国との健全な競争アプローチ方式から「どんな方法であれ必ず勝たなければならない」という観点に移ったといった。

彼はこの日のフォーラムで「1種類に対する超党派的な合意がなされている。中国との関係だ。だがこれは強硬路線を取ろうということだ。そしてこれが正しい合意なのか確信できない」と話した。

リー首相は「米国は中国を敵とみなす時どれだけ恐ろしい敵国になるのかよく知らないようだ。こうした状況で双方(民主党・共和党)はしばらく立ち止まって慎重に考えなければならない。非常に危険だ」と強調した。

続けて「米国と中国が衝突を防ぐため互いに努力することが重要だ。衝突は双方と世界に災難となるだろう」とした。

リー首相は米国の中国に対する強硬な態度は米国を信じることができないという中国人の信頼にますます合致していると説明した。

リー首相は3月にアンカレジで開かれた米中外交トップ会談当時バイデン政権の強硬な態度に対しても批判した。当時両国は「中国が世界秩序を脅かす」「米国の人権こそ最低水準」としながら舌戦を繰り広げた。彼は「現実的にどの一方ももう一方を打ち負かすことはできない」とした。

リー首相はバイデン政権がトランプ政権より慣習的な外交政策に戻ることに対しては擁護した。

彼は「さまざまな国が米国から長期的な戦略に対する一貫性を求めている。これは信頼でき、予測できる政策」と話した

リー首相は、台湾問題は両国の発火点になりかねないとし「私は中国が台湾を侵略するような一方的な動きを望まない。ただ誤判断に陥る危険がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP