주요 기사 바로가기

東京五輪選手村で初のクラスター発生…ギリシャ選手団の5人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.04 18:04
0
東京五輪の選手村で初めて新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生した。

東京五輪組織委員会は4日、東京・晴海の選手村に滞在していたギリシャのアーティスティックスイミング選手4人と関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたと明らかにした。組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは「クラスターと言わざるを得ない」と説明した。

一緒に選手村で生活していたギリシャのアーティスティックスイミング選手団12人のうち残りの7人は陰性判定を受けた。陰性判定を受けた選手らを含め選手全員が選手村の外にある宿泊療養施設や待機施設に移されたと組織委員会は伝えた。

ギリシャ・オリンピック委員会によると、選手らは他の競技の選手らとは接触していない。韓国選手は今回の大会でアーティスティックスイミングには出場していない。

選手らが全員隔離され、ギリシャはアーティスティックスイミングの「デュエット」と「チーム」の2種目ともに出場できなくなった。

大会が進むほど関係者の感染も増加している。組織委員会は大会13日目のこの日、29人の選手と大会関係者が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと明らかにした。これに伴い、組織委員会が集計を始めた先月1日からの五輪関係者の累積感染者は327人に増えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP