주요 기사 바로가기

<東京五輪>「巨大な尻に馬も仰天」…乗馬障害物の横に「力士のモチーフ」論争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.04 15:14
0
3日、東京オリンピック(五輪)障害馬術予選が終わった後、選手たちが思いがけない不満を口にした。障害物の近くに設置された実物大の「力士のモチーフ」が馬を驚かせたと言いながらだ。

AP通信、NBCニュースなどによると、障害馬術競技場の10番障害物の近くには腰を落として攻撃姿勢を取る力士を真似て作ったモチーフが設置されている。乗馬選手と馬が走って障害物を越えるために方向を急旋回する時、この力士の臀部が真っ先に目に入ってくるという。

英国選手のハリー・チャールズは「私は4~5頭の馬が力士のモチーフを見て怖がる様子を目撃した」とし「馬は障害物を越える前に、体格の大きい男(力士)の尻を見ることになる」と指摘した。

AP通信は「乗馬選手たちは(障害物を越える)馬が怖がらないように数年間訓練するが、このようなモチーフは今まで見たことがない」と伝えた。

イスラエル選手テディ・ブロックは「モチーフがリアルな人間みたいでちょっと寒気がする。馬は障害物の近くで攻撃的で戦闘態勢の人間を見たくないだろう」と話した。2016年リオ五輪金メダリストのペネロップ・ルプレボ(フランス)も「馬が安心するように努めたが、モチーフを見たら驚いたかもしれない」と話した。アイルランド選手のキアン・オコーナーは「(モチーフに)視線を奪われる」と指摘した。

NBCの五輪解説者メラニー・スミス・テイラーは競技場面を伝えながら力士のモチーフがある障害物に対して「ぞっとする障害物」と表現した。

力士のモチーフの他にも多くの障害物周辺が日本風に装飾されているとAP通信は伝えた。また、障害物周辺の明るすぎる照明や装飾された桜の花も競技を妨害しているという不満が出ているという。

障害乗馬決選は同じ競技場で4日午後7時に行われる予定だ。決勝に進出した選手30人の中にはマイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ氏の長女ジェニファーさん(25)と婚約したナーエル・ナサル(30・エジプト)も含まれている。

ナサルが所属するエジプト乗馬代表チームは60年ぶりに五輪の舞台を踏み、エジプトはナサルのメダル獲得を期待している。

ゲイツ氏は予選競技を控えた1日、ナサルを公開的に応援した。ゲイツ氏はインスタグラムに「私はいま東京にいる多くの選手たちを応援しているが、まもなく婿になるナーエル・ナサルを一番応援している。幸運を祈る、ナーエル」と綴った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>「巨大な尻に馬も仰天」…乗馬障害物の横に「力士のモチーフ」論争

    2021.08.04 15:14
    뉴스 메뉴 보기
    東京五輪乗馬[写真 オーストラリア乗馬選手メアリー・ハナ インスタグラム]
    TOP